市立千葉がしぶとさを発揮!1点差ゲームを制し、2回戦へ!



先制打を放つ宮原太一(市立千葉)

 市川市立千葉の一戦は市立千葉が初回から畳みかけた。まず1回裏、二死から4番宮原太一(2年)がライトの頭を超える適時二塁打で1点を先制。2回裏には無死一、三塁から8番似内 陽(3年)のスクイズ犠打で2点目を入れる。3回裏には先頭の宮原が四球で出塁し、5番三木 太輔(2年)がセンターの頭を超える適時三塁打、6番内川翔太(3年)の中前適時打で4対0とする。

 ここで市川は背番号1の加來壮太郎が登板する。加來はなかなかの好左腕だった。ノーワインドアップから始動し、バランス良く右足を上げてからインステップ気味に踏み出し、スムーズな回旋から腕を振るフォームはバランスが良い。ストレートの球速は120キロ中盤だが、両サイドにテンポよく決まり、100キロ台を割るカーブ、100キロ台の遅めのスライダー、100キロ台のチェンジアップがコーナーに散らばり、さらに投球テンポも速く、狙い球が絞りにくい。気づいたら試合中盤まで行ってしまう。そんなタイプだ。

 実際にこの試合でも3回裏無死からすいすいと無失点に抑える投球を見せる。そして6回表、市川は9番加來の中前安打、1番杉山 諒太(3年)のバント安打で一、三塁のチャンスを作り、敵失で1点を返し、7回表にも加來の適時二塁打で2点を返し、1点差に迫る。

 追加点を入れたい市立千葉は8回裏、二死一、三塁から一塁走者が牽制で挟まれ、その間に三塁走者が本塁へ。きわどいタイミングとなったが、セーフとなり、足攻で1点をもぎ取った。この1点は本当に大きな1点だった。

 9回表、7番堀遼太郎(2年)の中前安打から代打・山本大晴(3年)がセンターフェンス直撃の適時二塁打を放ち、1点差へ。同点を狙う市川だったが、加來が凡退。市立千葉が逃げ切り、2回戦へ進出した。

 市川はしぶとさを持ったチーム。その中でパンチ力と強肩が光る捕手・宮原は2年生としては楽しみな捕手。この試合もポイントとなる場面で二度も盗塁を刺すなど、見せ場を作った。また持ち替えが速く、身のこなしの良さが光る遊撃手・鈴木 雄大も面白い選手だ。

 破れた市川はエース・加來の投球術は強豪校でも通用するものがある。あとは打線と2番手以降の投手陣の底上げが課題になるのではないだろうか。加來の負担を減らせて、加來が投げなくても勝てる形を作りたいところだ。

(文・写真=河嶋 宗一