2018年10月01日 県立柏の葉公園野球場

成田vs暁星国際

2018年秋の大会 千葉県大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

成田が4強へ!エース・杉田が3回以降は立ち直り好投!



好投を見せた杉田(成田)

 台風一過の眩しいくらいの秋晴れが広がった。秋季千葉県大会も準々決勝まで進み、柏の葉公園野球場ではベスト4を懸けて、成田暁星国際が激突した。

 試合は、立ち上がりから暁星国際打線が成田の先発・杉田を攻め立てる。
 1回表、暁星国際は一死一、三塁のチャンスを作ると、4番・渡邉がスクイズを決めてあっさり先制点を挙げる。さらに2回表、死球やヒットで一死一、二塁と再び得点圏にランナーを進めると、9番・村上がライト前へタイムリーヒットを放ち追加点。暁星国際が、序盤から着実に得点を重ねていく。

 だが、3回に入ると成田の先発・杉田も徐々にエンジンがかかり始める。2番・宮崎、3番・風澤を連続三振に切ってとると、4番・渡邉の打席では痛烈なピッチャー返しを華麗にキャッチ。杉田の鮮やかな三者凡退で、これで成田も一気に勢いづいた。

 3回裏、成田は四球や内野安打などで一死満塁のチャンスを作ると、5番・古谷がライト前へタイムリーヒットを放ち、ランナー二人が生還し同点に追いつく。なおも一死一、三塁とチャンスは続き、打席には6番・高月。甘く入った真っ直ぐを強振すると、ライナー性の打球がセカンドの頭を超えていき、これが逆転のタイムリーヒットとなった。
 この後、さらに1点を追加した成田はこの回一挙4得点。形勢を逆転し、試合の主導権を握った。

 リードをもらった杉田は、3回以降は快投を見せる。切れのある直球を軸に3回以降はヒットすら許さず、気迫のこもったピッチングでスコアボードに「0」を並べていく。
 特に目についたのは空振りが奪えるスライダーと、ここぞという場面で見せるクロスファイヤーのコンビネーションだ。腕の角度などに違いはあるが、同じ成田の出身で、現在は東海大の軸として活躍を見せている飯嶋 海斗のようなピッチングスタイルが、将来的に目指すべき道ではないだろうか。

 その後、成田は7回にも追加点を挙げ、その差をさらに広げて試合を決定づけた。結局、試合は6対2で成田が勝利し、準々決勝進出を決めた。
 成田は10月6日に決勝を懸けて中央学院と対戦する。3季連続の甲子園を狙う中央学院を返り討ちにできるか注目だ。

(写真・栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
まだまだいるぞ、逸材たち!夏の戦国千葉を盛り上げる注目選手は誰だ? 【ニュース - コラム】
第901回 【千葉総括】注目のシード校、夏は躍進に期待がかかるノーシード校を徹底総括!【大会展望・総括コラム】
習志野が圧巻の5回コールド!木更津総合は2年生・篠木が覚醒!準々決勝4試合徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
木更津総合vs成田【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会】
成田vs千葉黎明【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会】
成田vs佐倉南【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会】
千葉学芸vs暁星国際【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会】
第890回 令和初の千葉王者となるのは?今年はシード争いが例年以上に過酷!【大会展望・総括コラム】
東海大菅生vs暁星国際【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第183回 今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】【ドラフト特集コラム】
第787回 秋の千葉も戦国 いきなり習志野vs拓大紅陵など好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第239回 中日ドラゴンズ 小笠原道大選手【後編】 「フルスイングの本当の意味とは?」 【2015年インタビュー】
第238回 中日ドラゴンズ 小笠原 道大選手【前編】 「フルスイングを築き上げた土台」 【2015年インタビュー】
第98回 千葉ロッテマリーンズ 唐川侑己選手 【2012年インタビュー】
第66回 千葉ロッテマリーンズ 唐川侑己選手 【2011年インタビュー】
暁星国際 【高校別データ】
成田 【高校別データ】
平成30年度 第71回秋季千葉県高等学校野球大会  【大会別データ】

応援メッセージ (1)

成田楽しんで!!成田ファン 2018.09.30
そろそろ疲れが出で来る頃だと思います。
最後まで、ちょっと早いかもしれないけど来年の夏のためにも、ここから頑張って!
応援しかできないけど、全力で!明日も応援してます

応援メッセージを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る