田宮をしのぐ可能性を持った1年生スラッガー・松本 憲信(成田)!



本塁打を含む3安打4打点の活躍を見せた松本

 夏の東千葉大会準優勝の成田。このチームのすごさは年が変わっても、フィジカル、テクニックが優れた選手がしっかりといることだ。今年のチームはマウンドに登れば、130キロ後半、打っては長打を連発する4番ショートで主将の山本 翔太、左腕・杉田 翔夢が注目されるが、新戦力が多く活躍する試合だった。

 1回表、一死二塁の場面で、3番松本 憲信(1年)がライト線へ鋭いツーベースを放ち、1点を先制。さらに3回表には無死一、二塁の場面で、3番松本のバントがミスを招き、追加点。そして二、三塁から5番古谷 将也(1年)が左中間を破る適時二塁打を放ち、5点目。さらに4回表には松本が本塁打を放つ。左の上井光太郎(2年)が投じた甘く入ったスライダーを振り抜き、ライトスタンド上段へ打ち込んだ当たりは見事だった。さらに8回表には点差を広げる中前適時打。低めに対しても軸が崩れず、下半身の粘り強さが素晴らしく、安定した打撃フォームでセンターへ運んだ。

 松本は1年生だが、歴代の左打者と比べてもかなりの高い技術、パワーがある。この夏、ドラフト候補として注目された田宮の下級生時代よりずっと上。田宮は最終学年になって打球を引っ張れる技術が身についたが、松本はすでに強く引っ張れて打球も速い。

 バットを立てて構える姿から雰囲気があり、隙がない。オープンスタンスなので、ボールは見やすくなっており、対応力は広い。

 右足を回しこむように上げてからまっすぐ踏み出していき、トップの形成を見るとバットを寝かせ気味にして振っていくところが田宮とそっくり。
 右ひじをたたんで最短距離でボールをとらえ、打球をすくいい上げるのがうまい。これまで成田の打者は左の好打者が多かったが、これまでの左打者と比べても、パワーは優れており、最も雰囲気を感じさせた。三塁守備を見ていても、動き自体は軽快。スローイングも強く、将来の大型三塁手として大きな可能性を感じさせた。

 その後は打線が爆発して、8回表に12得点を入れるなど、19対1で8回コールド勝ちでベスト8進出を決めた。成田は今年も逸材が多い。先ほど紹介した松本だけではなく、2.00秒台の強肩とパワフルな打撃で5打点の活躍を見せた古谷など打力が高い選手が多い。

 投げては左腕・杉田 翔夢(2年)が好投。夏と比べると体つきもがっしりして、腕の振りの力強さも出てきた。ストレートは常時128キロ~133キロと球速表示以上の勢いを感じさせる。さらに120キロ前後のスライダー、チェンジアップ、110キロ台のカーブと一定以上の精度の高さがあり、ピッチングができる。県内でも上位クラスの左腕といえよう。

 船橋芝山は3人の左腕投手が登板したが、いずれも120キロを超え、レベル自体は悪くなく、エラーがらみとはいえ、しっかりと打ち込んだ成田打線は今年も脅威だ。2019年も千葉の上位をけん引するチームだと実感させるゲームであった。

(写真・河嶋 宗一