激しい点の取り合いは、中盤で逆転した中央学院が後半突き放す



前半に6失点しつつも、後半立ち直り完投した畔柳君(中央学院)

 この夏、西千葉知大会を制して初出場。学校としても新たな歴史を刻んだ春夏連続出場を果たしてエポックイヤーとなった中央学院。そんな先輩たちの実績を受けての、新チームである。果たしてどんなスタイルのチームとなっているのか、興味深いところでもあった。

 その甲子園帰りの中央学院に、志学館が果敢に挑んでいった。

 初回の志学館はリードオフマン田名君がバチーンと左前打で出ると、これに続けとばかりに曾我君、ウィクラマタナ君、村石君とクリーンアップの3連打に死球と7番井村君の右前打などで3点を奪った。いきなり、度肝を抜くかのような強烈な先制攻撃だった。

 しかし、その裏に中央学院も長沼君の二塁打に失策も絡んで2点を返す。序盤から、乱戦の様相を呈してきた試合となった。

 3回にも志学館は林君の二塁打や8番緑川君の三遊間を破るタイムリー安打などで2点を加えて再びリードを広げる。

 それでも、個々のバットスイングが鋭い中央学院はやはり破壊力はあった。4回に、4番和田君の二塁打を突破口として加藤君の左中間三塁打で1点差とし、7番高鹿君が叩きつけてワンバウンドで三塁手の頭上を破るタイムリーとなってついに同点。バントで送った後、9番手塚君が左越二塁打して逆転した。まだ4回だというのに、ここまでで6対5というスコアになった。

 すぐに追いつきたい志学館は5回に相馬君の二塁打から一死三塁として、緑川君がしぶとく中前打して同点。まだまだ試合の行方はまったく分からないぞという展開になった。ここまで志学館の川俣幸一監督も中央学院の相馬幸樹監督も、先発投手をそのまま投げさせ続けていた。こういう形の中で、お互いにエースナンバーを背負う投手がどこまで踏ん張れるのかということが、試合の行方を左右しそうな気配もあった。

 5回の中央学院は一死一二塁で6番加藤 公翔君だったが、中前打して再度リードを奪った。そして、川俣監督の方が、先にしびれを切らせて小林裕太君を諦めてリリーフとして久玉君を投入した。久玉君は、その後を抑え、6回も無難に抑えた。

 後半になって試合そのものもやっと落ち着いてきたかなという感じになってきたが、7回に中央学院打線が=爆発した。

 先頭の3番長沼君が右中間の深いところへ三塁打すると、続く和田君も左越二塁打であっさり追加点。さらに山本 健太君と加藤君の連打に8番に入っている畔柳君の左犠飛と、手塚君のスクイズで手堅く追加点を奪って、リードを万全なものとしていった。

 8回にも中央学院はダメ押しとも言える1点を追加。終わってみたら12対6と、前半の展開からは「どうなっていくのかな」と思われたが、最後は中央学院が力でねじ伏せていったという感じになった。中央学院の畔柳君は結局12安打6失点で完投した。

 リードは奪われても、中央学院の各打者の打球の強さが、最終的には乱戦気味だった展開の試合を制する形となった試合だった。

  

(写真・手束 仁