遂に1点差と迫り、松戸六実の背中が見えてきたところで、松戸六実は継投策。好投を続けていた先発・森永から豊田稜にスイッチする。

 二死満塁で打席には7番・勝俣。1本出れば逆転のチャンスだったが、勝俣がはじき返した打球は内野ゴロ。チェンジかと思われたが、ここで松戸六実がエラー。三塁ランナー・小園が生還して5対5。相手のミスで船橋芝山は試合を振り出しに戻す。

 その後試合は9回で決着がつかず延長戦に突入するも12回が終わって5対5。12回では決着がつけられず、大会規定で13回からタイブレークに突入する。

 照明も点灯し、辺りは次第に暗くなりだしたゼットエーボールパークの第三試合。両校ともに13回に入る前に円陣を組み、気合を入れ直した。果たしてどんな結末となるのか、駆け付けた観客が見つめる中、13回にその時がやってきた。

 2点を追う13回の先頭3番・梅村が送りバントでランナーを二、三塁に進める。一打同点のチャンスで4番・倉林はファーストゴロ。だが相手のミスでオールセーフ。一死一、三塁となり、サヨナラのランナーを出す。

 5番・中野の犠牲フライで同点に追いつき、相手のバッテリーエラーで二死二塁までこぎつけた船橋芝山。打席には6番・山下。船橋芝山は延長10回と11回に二死満塁で1本を出せなかった。延長で2度逃したチャンスを3度目の正直で掴んだ。

 山下が捉えた打球はライトへ。二塁ランナー・倉林は、三塁を蹴って、ホームイン。船橋芝山が終盤に試合を振り出しに戻し、最後はサヨナラ勝ちで13回まで続いた大接戦をモノにした。

(文・編集部)