泰然自若な中央学院。中盤に集中打で志学館を押し切る



先発・畔柳舜(中央学院)

 三季連続の甲子園出場を狙う中央学院が2回戦を迎えた。相手は夏の東千葉大会ベスト4の志学館である。

 中央学院は引き続き畔柳 舜(2年)が先発した。180センチの長身で、手足も長い投手体型の畔柳。投球フォームを見ると、滑らかなテークバックから振り下ろす右のオーバーハンド。常時130キロ~135キロのストレートは回転数が高く、125キロ前後のスライダーの切れ味もよい。簡単には打ち崩せない投手に見えるが、志学館の1番・田名由伸(1年)が左前安打を放つと、田名の勢いに乗るように後続の打者も安打を連発する。

 一死一、二塁から4番ウィクラマラタナ 晃之(2年)の適時打で1点を先制すると、5番村石 太陽(1年)の右前適時打で2点目を入れ、さらに一死満塁から3番林 洸汰(1年)にも適時打が飛び出し、3点目を入れた。

 畔柳はボールの回転自体はよく、体も大きく、来年、常時140キロ台まで速くなる奥行きを感じさせる。しかし球筋が素直で、緩急がなく、縦の変化がない。それが捉えられやすい要因になっている。ただいまは技に走りすぎず、ストレートを徹底的に磨いてカーブ、フォークと段階を追て完成度を高めていければと思う。

 一方、中央学院志学館の先発・小林 裕太。1番松山 大悟(1年)が痛烈な右前安打。その後、一死二、三塁。その後、敵失で2点を返す。

 一死二、三塁。8番緑川 陽人(2年)が中前適時打を放ち、さらに内野ゴロの間に5点目を入れ、3点差をつけた。

 中央学院は嫌な流れだったが、4回裏、反撃開始。4番和田 将幸(2年)がレフトへ二塁打を放つと、5番山本 健太(1年)の左前適時打で1点を返すと、5番加藤 公翔(1年)はレフトへ適時三塁打を放ち、4対5の1点差に。さらに前チームではクリーンナップを打つこともあって、7番高鹿 隼人(2年)の左前適時打でついに同点に追いつく。さらに二死二塁から9番手塚 歩夢(2年)の左越え適時二塁打で勝ち越しに成功する。