風格漂わせる中央学院が初戦をコールド発進



中央学院エース・畔栁舜(中央学院)

 今夏の西千葉代表・中央学院。その中央学院と決勝戦で対戦した東京学館浦安。夏の西千葉大会の決勝カードが秋季大会の1回戦で実現。新チームとなり、どんなゲーム展開となるのか。

 初回はともに無得点に終わったが、2回に試合は動く。

 中央学院は併殺崩れで出た6番・加藤 公翔を一塁に置いて、7番・高鹿 隼人が右中間への二塁打を放ち一死一、三塁のチャンスを作ると、8番・畔栁舜は四球を選んで、一死満塁。先制点を奪う絶好のチャンスで9番・手塚 歩夢が応える。

 ライトにはじき返した打球は、東京学館浦安ライトの頭上を越えるタイムリー。ランナー2人が生還。続く1番・松山 大悟はライトへの犠牲フライを放ち、畔栁がホームイン。この回3点を奪った中央学院が主導権を握る。

 中央学院の先発はエース・畔栁。旧チームから公式戦で投げており経験は豊富。腕を回しながらテイクバックを取って右腕を振るオーバースローのピッチャー。

 先取点を取ってもらった直後の守備で併殺崩れと四球で二死一、二塁とピンチを招くも、落ち着いた様子で東京学館浦安の8番・松田有矢をピッチャーゴロに抑えて、ピンチを脱する。

 ピンチを切り抜けた中央学院の3回以降の攻撃はまさに理想的だった。3回は先頭の3番・長沼 航がレフトへのヒットで出塁すると、続く4番・和田 将幸が送って一死二塁にすると、5番・山本 健太がレフトへのタイムリーで4点目。

 5回には2番・髙木燿大が四球を選ぶと、3番・長沼の送りバントと、4番・和田のタイムリー。バントで確実に得点圏に送って、チャンスで1本を放ち得点を奪う。手堅いが、確実に点数を積み重ねる素晴らしい試合展開で試合の流れを中央学院が掴む。

 6回には9番・手塚がヒットで出塁後、盗塁を決めて得点圏に進むと、1番・松山のタイムリーで6点目を奪うといった足を使った攻撃もできる引き出しの多さも見せつけた。