2018年08月25日 県立柏の葉公園野球場

市立柏vs西武台千葉

2018年秋の大会 千葉県大会 一次予選 代表決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

市立柏が逆転勝ちで県大会へ!8番・梅澤が活躍!



タイムリーにスクイズにと大活躍を見せた梅澤(市立柏)

 秋季千葉県大会の地区予選も、県大会への出場校が続々と決まってきている。25日の柏の葉公園野球場では市立柏と西武台千葉が激突し、試合は市立柏が鮮やかな逆転勝ちを収めた。

 まず先制したのは西武台千葉だった。1回裏、四球や相手のミスなどから無死一、三塁のチャンスを作ると、3番・山本が初球にスクイズを決め、あっさりと先制点を挙げた。

 だが、市立柏もその直後の2回表に反撃にでる。ヒットや死球などで一死二、三塁のチャンスを作ると、8番・梅澤がセンター前へタイムリーヒットを弾き返し、ランナー2人が生還。すぐさま逆転に成功し、ここから市立柏西武台千葉を突き放しにかかる。
 4回表、一死一、三塁のチャンスから8番・梅澤がスクイズを決めて追加点を挙げると、終盤に入った7回表には4番・五十嵐のタイムリー、5番・深谷のスクイズなどで、一挙4点を挙げた。市立柏は効果的に点差を広げていき、7回を終えた時点で7対1と大きくリードすることに成功した。

 一方、少しでも点差を縮めていきたい西武台千葉は、8回裏に一死一、三塁のチャンスを作ると、この場面で代打に起用された大倉が、センター前へタイムリーヒットを放って1点を返す。さらにその後、一死満塁とチャンスを広げて、打席に迎えるのは5番・内山。甘く入った変化球を強振すると、ライナー性の打球がセンター方向へ飛んでいったが、これは惜しくもセカンドライナーとなってしまう。さらにセカンドランナーも飛び出しており、ダブルプレーとなり、結局この回は1点止まり。
 9回の攻撃も、8回途中からマウンドに上がった背番号11の吉田を捉えることが出来ず、試合は7対2で市立柏が勝利して、県大会進出を決めた。

 勝った市立柏は、これで昨秋に続いて2年連続で県大会へ駒を進めることが決まった。昨年は2回戦で銚子商に敗れているが、この試合で見せたここ一番の集中打と、先制されても決して焦らない試合運びはレベルの高さを感じさせ、上位進出を期待したくなるものだった。
 近年、立て続けにプロ野球選手を輩出している「公立の雄」から今年も目が離せない。

(記事:栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
まさに戦国千葉!千葉明徳、専大松戸、佐倉ブロックには強豪校が揃う【前編】 【ニュース - コラム】
第937回 令和最初の戦国千葉を制するのは?専大松戸、佐倉ブロックが熾烈!【前編】【大会展望・総括コラム】
まだまだいるぞ、逸材たち!夏の戦国千葉を盛り上げる注目選手は誰だ? 【ニュース - コラム】
第901回 【千葉総括】注目のシード校、夏は躍進に期待がかかるノーシード校を徹底総括!【大会展望・総括コラム】
市立柏vs千葉商【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会】
西武台千葉vs麗澤【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会 一次予選】
第842回 春の千葉は一次予選から見逃せない!激戦が予想されるカードを徹底紹介!【前編】【大会展望・総括コラム】
第883回 習志野の元気印・根本翔吾!全力プレーで勝利と幸運を呼び込む! 【2019年インタビュー】
習志野vs銚子商【千葉県 2018年秋の大会 千葉県大会】
中央学院vs成田【千葉県 2018年秋の大会 千葉県大会】
成田vs暁星国際【千葉県 2018年秋の大会 千葉県大会】
第740回 木更津総合、黄金時代の到来 中央学院、壁を破り初の選手権出場【大会展望・総括コラム】
第717回 戦国千葉2018 西千葉 「習志野、専大松戸の二強を追うチームは?有力校を徹底紹介」【大会展望・総括コラム】
第355回 千葉ロッテマリーンズ 清田 育宏選手【後編】「トレーニング後に、さらにやり切れるかが成功の分かれ目」 【2015年インタビュー】
第354回 千葉ロッテマリーンズ 清田 育宏選手【前編】「プロ入り6年目でレギュラー定着に導いたトレーニング術」 【2015年インタビュー】
市立柏 【高校別データ】
西武台千葉 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る