千葉日大一が11得点で大勝!先発の新井が好投!



好投を見せた新井(千葉日大一)

 秋季千葉県大会の第2地区予選では、県大会出場を掛けた試合が行われた。第3試合では千葉日大一船橋啓明が激突したが、試合は千葉日大一打線が序盤から猛威を振るう展開となった。

 まずは1回裏、相手のミスなどから一死一、三塁のチャンスを作ると、4番・宮嶋の場面で船橋啓明バッテリーに痛恨のパスボールが出てしまい、千葉日大一が1点を先制する。この1点で流れを掴んだ千葉日大一は、ここから一気に船橋啓明の先発・鵜澤へ襲いかかる。なおもランナーを三塁に置いた場面から、4番・宮嶋が犠牲フライを放って追加点を挙げると、その後二、三塁のチャンスを作って7番・西方のタイムリーでさらに1点を加える。その後、さらに2点を追加した千葉日大一は、初回だけで一挙5得点。いきなり試合の主導権を握ることに成功した。

 千葉日大一の先発は、背番号10の新井が託された。投げっぷりのよさが印象的な右腕で、ガッチリとした体格から重みのある球をどんどん投げ込んでいく。3回に1点は失ったものの、その後のピンチは冷静に断ち切り、船橋啓明に試合の流れを渡さない。新井の好投が千葉日大一の勢いにさらに拍車をかけ、試合は千葉日大一のペースで進んでいった。

 千葉日大一はその後も得点を重ね、終わってみれば11対1の5回コールドで県大会の出場を決めた。千葉日大一は、昨秋の代表決定戦では市立船橋に競り負け、敗者復活でも東海大浦安に13対4で敗れた経験がある。公式戦2連勝で県大会への進出を決めたことは、大きな自信になったはずだ。県大会での躍進も期待したい。

 また一方、敗れた船橋啓明は、1、2回に得点圏にランナーを進める場面があったが、いずれも得点に結びつける事が出来なかったことが大きく響く結果となった。点差ほどの力の差は無かったように感じたので、船橋啓明の逆襲にも期待したい。

(記事・栗崎 祐太朗)