2018年08月23日 長嶋茂雄記念岩名球場

八千代松陰vs我孫子東

2018年秋の大会 千葉県大会 一次予選 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

八千代松陰 エース投入せず辛勝!



好リリーフを見せる川和田(八千代松陰)

 この夏、2回戦で激突した八千代松陰我孫子東の一戦。前回は我孫子東の劇的サヨナラ本塁打で試合を制したが、この試合は八千代松陰の粘り勝ちとなった。

 まず1回表、八千代松陰は二死三塁から4番大竹 隼平(2年)がレフトへ二塁打を放ち、1点を先制。5番長岡 秀樹(2年)も適時打で続き、2点を先制する。

 しかし4回裏、我孫子東は二死二塁から4番安本 倭(2年)の右翼線を破る二塁打で1点を返すと、5番大和崎の二塁打で2対2の同点に追いつく。5回裏、二死三塁から7番水野がライトの頭を超える適時三塁打で3対2と勝ち越す。

 その後はお互い走者を出すものの、なかなか1本が出ない苦しい試合展開。その中で八千代松陰の2番手・川和田 悠太(2年)が踏ん張った。右サイドから投じる直球は125キロ~129キロとまずまずのスピード。110キロ台のスライダーを外角ギリギリに投げ分けていきながらピッチングを組み立て、9回裏まで逃げ切り、我孫子東に辛勝。勝利に貢献する好リリーフに川和田に兼屋監督は、「入学から期待していた投手で、ようやく出てきました。良く投げてくれたと思います」と目を細めた。

 川和田は「ストレートの走りは良かったんですけど、スライダーの精度が悪かったかなと思います。それでも粘り強く投げることができて良かったです」と自分のピッチングを振り返った。前チームから投げている左腕エース・廣瀬健裕(2年)を投入することなく勝利。兼谷監督は「そういう意味ではかなり大きい勝利だと思います」と先発した1年生の三橋、川和田のピッチングを評価していた。

 

【次のページ】 千葉県屈指のショートを目指して 長岡秀樹の確かな取り組み

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
千葉王者・習志野!今年のチームも粘り強さは健在だと証明した秋を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
石川、韮澤の代表メンバーに上野らドラフト注目の内野手をリストアップ! 【ニュース - コラム】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
八千代松陰vs秀明八千代【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
第935回 【千葉大会総括】令和最初の千葉大会はノーシード8校がベスト16!戦国千葉に相応しい大会に【大会展望・総括コラム】
習志野vs八千代松陰【千葉県 2019年夏の大会 第101回選手権千葉大会】
八千代松陰vs市原中央【千葉県 2019年夏の大会 第101回選手権千葉大会】
第937回 令和最初の戦国千葉を制するのは?専大松戸、佐倉ブロックが熾烈!【前編】【大会展望・総括コラム】
第901回 【千葉総括】注目のシード校、夏は躍進に期待がかかるノーシード校を徹底総括!【大会展望・総括コラム】
八千代松陰vs東京学館浦安【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
中央学院vs成田【千葉県 2018年秋の大会 千葉県大会】
第673回 清宮 虎多朗(八千代松陰)飛躍を止めず、2018年は清宮(せいみや)の年に 【2018年インタビュー】
我孫子東 【高校別データ】
八千代松陰 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る