サヨナラ劇を呼び込んだ中央学院の粘り打ちと堅い守備

 千葉県で、最後に夏3連覇を成し遂げたのが1996年~1998年の市立船橋だ。その市立船橋を率いていたのが、習志野を率いる小林徹監督だ。そして当時、市立船橋の甲子園メンバーだったのが、中央学院の相馬 幸樹監督。まさに師弟関係といえる対決が準決勝で実現した。先発投手は習志野佐藤 将聖(3年)、中央学院大谷 拓海(3年)ともに背番号1が先発した。

 この試合の注目は大谷 拓海である。5月下旬に頭に打球が直撃し、戦線離脱。登板復帰したのは2日前の準々決勝の八千代戦だった。まだ本調子ではないかもしれないが、大谷が万全なピッチングをしない限り、中央学院の勝利はない。しかし大谷はやはり好調時と比べるとほど遠い。

 ストレートは常時130キロ中盤~138キロ、125キロ前後のスライダー、110キロ前後のカーブが中心。それでもコーナーギリギリに投げ分けながら、2回まで無失点に抑えていたが、3回表、9番佐藤の二塁打から始まり一死三塁となって、2番角田 勇斗(1年)が詰まりながらも中前適時打を放ち、1点を先制。さらに4回表、二死満塁で1番根本 翔吾(2年)の1ボールの場面で投手交代。大谷はライトへ行き、右サイドの西村 陸(3年)が登板する。しかし西村は四球を与えてしまい、押し出し四球で習志野が1点を追加する。

 追う中央学院は5回裏、一死一、二塁から8番手塚が左前適時打を放ち、1点を返す。だが、6回表、習志野は連打でチャンスを作り、9番佐藤の犠打で一死二、三塁のチャンス。1番根本がストレートを逃さず、ライトの頭を超える適時二塁打で2点を追加し、4対1と点差を広げた。7回表、二死三塁から7番鈴木 空吾(3年)のセーフティバントで1点を追加。ここまで習志野が理想的な形で追加点を入れることができていた。