拓大紅陵、苦しみながらも逃げ切りに成功!二季連続の関東大会へあと1勝!



4点目の適時打を打った原田(拓大紅陵)

 昨秋県大会優勝の拓大紅陵と強豪・千葉経大附の一戦は、終盤までもつれる試合展開となった。

 拓大紅陵は1回裏、1番米村 友貴(3年)が四球で出塁すると、二盗を成功させ、さらに捕手の悪送球も絡んで一気に三塁へ。2番小林 快志(3年)の適時打で一点を先制。一死満塁から5番小俣 剛志(2年)の一ゴロの間に1点を追加し、さらに6番三谷 太陽(3年)のスクイズ、7番原田 翔馬(3年)の右前適時打で拓大紅陵が幸先よく4点を先制し、勢いに乗るかと思われたが、ここから千葉経大附がしぶとい試合運びを見せる。

 2回表、千葉経大附は二死一、二塁から8番安藤 隼斗(2年)の適時二塁打で1点を返し、3回表には一死二塁から3番高部 裕也(2年)の二塁打などで1点を返す。

 千葉経大附の2番手左腕・渋田大智(3年)は途中登板した1回裏は失点したが、2回以降無失点に抑える投球を見せる。そして7回表、千葉経大附は一死一、三塁のチャンスを作り、4番遅澤 翔(3年)の犠飛で1点を返して1点差に迫る。

 だが7回裏、拓大紅陵も二死一、三塁から佐々木 新(2年)の遊撃内野安打で大きな1点を入れた。

 拓大紅陵は5回から登板している2番手左腕・佐々木 新(2年)が好リリーフ。球速は、120キロ台ながら、角度あるストレートとスライダーのコンビネーションで千葉経大附打線を抑え、5対3で逃げ切り準々決勝進出。二季連続の関東大会まであと1勝となった。

 拓大紅陵は追い上げられ苦しい試合展開となったが、それでも大事な場面はしっかりと守り切った。昨秋と比べると積極的に走るケースが多くなり、これからも機動力を上手く絡めて、攻撃の幅をより広げていきたい。

 敗れた千葉経大附はいきなり4点を取られる嫌な立ち上がりだったが、そこから小刻みに点を返し、接戦にもっていったのはさすがだった。

 個人で光ったのは高部 裕也(2年・左投げ左打ち)と安藤の2年生コンビ。
高部は3回表には左中間へ適時二塁打。7回表にもチャンスを拡大させる左前安打を放っているように、逆方向へ打ち返す打撃技術は必見。またこの試合では風が吹き荒れ、外野手にとって判断が難しいグラウンドコンデイションとなっていたが、それでもセンターの守備を見ると難なく対応ができていた。夏までに長打力をアップすると、より注目される存在となりそうだ。

 安藤は2回表に適時二塁打と力強い打撃を披露。さらに7回裏からマウンドに登り、1点を失ったものの、右オーバーから投げ込む直球は角度があり、常時125キロ~132キロと千葉経大附の投手陣の中では最も早く、カーブ、スライダー、フォークを巧みに投げ分けていた。まだ2年生ということもあり、最終学年までにどんな進化を見せるのか、楽しみな逸材だ。

(文・写真=河嶋 宗一