千葉明徳 投打の軸が秋から成長を見せ、強豪・多古を破る!



力投を見せる宮崎宏哉(千葉明徳)

 多古千葉明徳と実力校同士の一戦は手に汗握る一戦となった。両チームとも選手の技量が非常に高く、県大会の1回戦ではもったいないと思わせるほどのゲームだった。

 まず1回表、多古は二死二塁のチャンスから4番鏑木 皇輝(3年)が中前安打を放ち、1点を先制する。鏑木はパンチ力ある打撃も魅力な選手だが、何より光ったのが、最高1.87秒を計測したスローイング。コンスタントに1.9秒を計測しており、スローイング能力は県内屈指。これからも注目を浴びる存在となりそうだ。

 多古の先発・池上 颯太(3年)はの好左腕。コンパクトなテークバックから常時120キロ後半~133キロの速球、スライダーを軸に投球を組み立てるが、千葉明徳が冬場から鍛え上げた打力を発揮する。

 1回裏二死二塁から、4番藤井 颯生(3年)が右越えの適時二塁打で1対1の同点に追いつくと、2回裏には一死二、三塁から9番田邉 慎太郎(2年)がスクイズを決める。このスクイズが相手野手の失策を誘い、二者が生還し勝ち越しに成功。4回表、多古の7番熱田 将崇(3年)の適時打で1点を返されたが、4回裏には敵失と2番清水 健斗(3年)がストレートをとらえ公式戦初本塁打となる2ラン本塁打で、6対2と突き放す。

 しかし5回表、多古は二死二、三塁からここまで2安打を放っている5番大野 靖也(3年)が内角直球をとらえ、左中間を破る適時三塁打で追い上げ、さらに敵失やバッテリーミスの間に6対6の同点に追いつく。

 追い上げムードの多古だったが、千葉明徳のエース・宮崎 宏哉(3年)が粘り強い投球を見せる。178センチ70キロと細身の体型ながら、しっかりと腕が振れるオーバーハンドで、ストレートは常時133キロ~140キロを計測。自己最速は秋の時点で130キロ後半だったが、144キロまで伸びたそうだ。指にかかった時のストレートは回転数が高く、終盤になっても威力を衰えることはなかった。

 宮崎は終盤でのピッチングを課題にしていたが、「ずっとテーマにしていたことで、この春先からだいぶ粘ることができるようになりました」と勝ち越し打を許さず、味方の一打を待った。