2018年04月16日 県立柏の葉公園野球場

西武台千葉vs県立柏

2018年春の大会 千葉県大会 一次予選 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

投打で圧倒した西武台千葉が県大会へ!



スリーランでコールドを決めた梶山選手(西武台千葉)

 前日の春の嵐から一転、強い日差しが差し込む中、県立柏の葉公園野球場では春季千葉県第四地区予選の代表決定戦に、県立柏西武台千葉が登場した。

 西武台千葉は背番号10をつけた神野を先発のマウンドに送る。その神野は初回、県立柏の1番吉川をピッチャーゴロに抑えると、続く2番湯沢・3番北原を三振に斬って取り、順調なスタートを切る。

 打線の方も初回からリズムに乗る。県立柏の先発萩原に対し、1番の坂入が四球で出塁すると、2番齊藤の送りバントの際、一塁ベースに入った野手の足がベースから離れてセーフとなり、無死一,二塁のチャンスを作る。
 続く4番の上原が5球目を捉えてサードへ強襲ヒットとし、西武台千葉が先制。続く6番川上のショートへのフライを相手野手が見失っている間に、もう1点追加し、2対0とする。

 2回にも打線が機能する。9番鈴木がセンター前にヒットを放つと、相手の守備を見て一気に二塁を陥れる。
 相手守備の隙を見逃さない走塁は、勇気ある判断と自分の足に自信がなければできない。それを考えると、鈴木のプレーは好走塁だった。
 鈴木の好走塁でチャンスを作った西武台千葉は、7番大島のレフトへのヒットなどで一挙5点を奪ってリードを7点にする。

 4回にもゲッツー崩れの間にもう1点を追加し、5回を終わって8対0とした西武台千葉は、6回にダメ押しの攻撃を見せる。
 この回先頭の9番鈴木が左中間を破るツーベースで無死二塁にする。ここで1番坂入がライトの頭を超えるスリーベースで9点目を奪う。
 最後は3番梶山が追い込まれながら振りぬいた打球が、両翼98メートルのライトフェンスを越えるツーランとなり、6回コールドで西武台千葉が試合を決めた。

 大量リードをもらった先発神野は、2回以降も低めへの丁寧なピッチングを貫き、3回には三者三振を奪うなど県立柏打線に付け入る隙すら与えなかった。本大会でも同じようなピッチングができるか注目したい。

(文・写真=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
千葉学芸が堅守で東海大市原望洋を下す!千葉経済大付らも勝利した1回戦3試合を徹底レポート!【秋季千葉県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
長狭vs県立柏【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
柏陵vs県立柏【千葉県 2020年夏の大会 2020夏季千葉県高等学校野球大会 地区トーナメント】
西武台千葉vs流通経済大柏【千葉県 2020年夏の大会 2020夏季千葉県高等学校野球大会 地区トーナメント】
地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!勝利を掴むのはどこだ! 【ニュース - コラム】
第1004回 地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
中央学院vs西武台千葉【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
第937回 令和最初の戦国千葉を制するのは?専大松戸、佐倉ブロックが熾烈!【前編】【大会展望・総括コラム】
西武台千葉vs麗澤【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会 一次予選】
第842回 春の千葉は一次予選から見逃せない!激戦が予想されるカードを徹底紹介!【前編】【大会展望・総括コラム】
第740回 木更津総合、黄金時代の到来 中央学院、壁を破り初の選手権出場【大会展望・総括コラム】
県立柏 【高校別データ】
西武台千葉 【高校別データ】
第71回春季千葉県高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る