拓大紅陵、8点差を逆転されるも、9回裏に逆転サヨナラ!



壮絶な試合を物語るスコア

 野球は何が起こるかわからない。そう実感するゲームだった。1回表、東京学館船橋は二死二塁から4番川田亮之介(2年)が詰まりながらも中前適時打で1点先制。何気ない1点に見えるが、今、試合を振り返れば、川田の打撃の調子を急上昇させるきっかけとなる一打となった。

 1回裏、拓大紅陵は一死満塁から5番三谷太陽(2年)の適時打で逆転に成功。その後、8番北野将也(2年)の適時打で、さらに押し出しで5対1と点差を広げる。2回裏、東京学館船橋は2番手に背番号1の貫井 瑠力(2年)がマウンドに登る。その立ち上がり、3番水島 滉陽(2年)が内角低めをとらえ、ライトスタンドへ。まるで宇佐見真吾(巨人)のゴルフ打ちホームランを見ているようなホームランだった。

 拓大紅陵は6番小俣剛志(1年)の適時打、9番廣岡が甘く入った直球を見逃さず、左中間へ痛烈な二塁打で9対1。完全に試合の主導権を握ったかにように見えた。しかし、3回表、二死二、三塁の場面で、4番川田がストレートをとらえて右中間を破る適時二塁打で、2点を返し、9対3。まだまだあきらめないと意思表示するような二塁打だった。ここで拓大紅陵は先発の鈴木 貫太(2年)がレフトへ。背番号1の右サイド・安藤 太雅(2年)がマウンドに登った。

 3回裏、東京学館船橋は3番手としてマウンドに登った1年生右腕・松永 幸誠が好投。テークバック大きめにとって、振り下ろす右の本格派。ストレートは常時125キロ~132キロと、先に登板した2投手と球速的に変わりないのだが、ボールの角度が良く、また不規則に動く球質なので、ネット裏から見ると打ちにくい球筋。スライダーも手元で変化しており、精度も高く、三者凡退に抑える松永。上背もあり、さらに球速が速くなる見込みがある。昨夏のエース・日暮 寛太(現・国学院大)のような速球派右腕に成長していてもおかしくない。それだけ見込みがあった。

 1年生の好投で流れをつかんだ東京学館船橋は一死満塁で再び4番川田。川田は128キロの甘く入ったストレートを見逃さず、レフトスタンドへ飛び込む満塁ホームラン。川田は3打数3安打7打点の大活躍で、1人で2点差に迫った。川田は実にパワフルな打撃ができる右のスラッガーで、ポジションは一塁手。しかし大学以上のステージでも続けることができる技量、パワーを持ったスラッガーであった。

 主砲の一打で東京学館船橋は二死満塁から9番村上大志(2年)の押し出し四球、1番本間大の左前適時打で同点に追いつく。そして2番八木の押し出し四球でついに勝ち越しに成功する。

 流れは一気に東京学館船橋に。松永は4回裏に三者連続三振を奪う快投を見せると、5回裏には一死満塁からライナーゲッツーで打ち取るなど、ついている流れとなった。