2017年08月22日 船橋市民球場

市立船橋vs千葉日大一

2017年秋の大会 千葉県大会 一次予選 代表決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

8回に待っていたドラマ。勝利したのは?



好投を見せた2番手大森(市立船橋)

 今夏は準々決勝まで進んだ市立船橋。対する千葉日大一も4回戦まで進む活躍を見せた、その両校の対戦となった。

 終盤まで千葉日大一がリードする展開の試合に大きなドラマが待っていたのは「8回」だった。

 先制したのは市立船橋。1番・奥山が四球で出塁。2.3番はそれぞれ遊ゴロでこの間に奥山は三塁まで進塁。二死三塁の場面で4番の飯田がレフトに適時打を放ち、1点を奪う。

 しかし、千葉日大一も黙ってはいない。4回、先頭の3番・海野が左安打で塁に出ると、4番・関口が犠打。続く北方に四球を与えたところで市立船橋のピッチャーは背番号10の大森にスイッチ。しかし流れを止められず、7番・小倉、8番・中村が適時打を放ち、千葉日大一が3得点。

 初回に点を取られた千葉日大一の先発、中村だったが、2回以降は粘りのピッチング。球速、変化球が飛び抜けているわけではないが、コントロール良く丁寧にコースを突き、打者を抑えていった。一方の市立船橋の2番手、大森も代わった4回以降は堂々の投球をした。腕の長いサウスポーで、上から投げ下ろすような投球フォーム。チェンジアップも投げていて、この大森から千葉日大一打線はなかなか点数を入れることができなかった。

 5.6.7回と両者無得点のまま迎えた8回。後攻の市立船橋は2点ビハインドの状況から反撃に出る。先頭の4番・飯田がこの日猛打賞となる左安打を放つ。この飯田、非常にコンタクト率が高く、雰囲気のあるバッターだ。チームの4番としての仕事をしっかり果たした。続く5.6番は倒れるが、7番・平内が安打、8番・大森は死球、そして9番・樋口が右安打でつなぎ1点を返す。二死満塁で以前無安打の奥山に打席が回る。7回に大きなピンチを凌いだ千葉日大一の中村。このピンチを凌げるか、注目が集まったこの対決は奥山がしぶとく左前に打球を運び、2者生還。8回裏に3点を加え、市立船橋が逆転に成功した。

 9回表を抑えれば勝利の市立船橋。ピッチャー大森がギアを上げる。先頭の8番・中村、9番・船津を空振り三振に切って取り、1番・石岡も三振に抑え、3者連続三振でゲームセット。3対4で市立船橋が逆転勝利を収めた。

(写真・編集部)

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
習志野打線が爆発!14得点で拓大紅陵を下した決勝戦を徹底レポート【秋季千葉県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
近江が5季連続の滋賀制覇!決勝、3位決定戦の2試合を徹底レポート【秋季滋賀県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
千葉日大一vs東邦大東邦【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
船橋芝山vs鎌ヶ谷西【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
第935回 【千葉大会総括】令和最初の千葉大会はノーシード8校がベスト16!戦国千葉に相応しい大会に【大会展望・総括コラム】
木更津総合vs市立船橋【千葉県 2019年夏の大会 第101回選手権千葉大会】
市立船橋vs東海大市原望洋【千葉県 2019年夏の大会 第101回選手権千葉大会】
第938回 千葉を代表する木更津総合、習志野を阻むチームは?どのブロックも熱い!【後編】【大会展望・総括コラム】
第901回 【千葉総括】注目のシード校、夏は躍進に期待がかかるノーシード校を徹底総括!【大会展望・総括コラム】
市立船橋vs船橋北【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会 一次予選】
第842回 春の千葉は一次予選から見逃せない!激戦が予想されるカードを徹底紹介!【前編】【大会展望・総括コラム】
第3回 第96回選手権千葉大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
千葉日大一 【高校別データ】
市立船橋 【高校別データ】
第70回秋季千葉県高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

市立船橋県大会もこの勢いで!市船ファン 2017.08.24
市船粘りの逆転おめでとう!
この勢いで、県大会も頑張れ!
千葉日大一強豪を打ち負かせデビルマン 2017.08.22
準備整いましたね。市船は強いですが、全員野球で勝利を掴んでください!

応援メッセージを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る