2017年08月21日 横芝坂田池球場

旭農業vs小見川

2017年秋の大会 千葉県大会 一次予選 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

旭農がサヨナラ勝利!



好投を見せた中井拓夢(旭農)

 旭農業が延長10回に及ぶ熱戦を制し、代表決定戦へ進出した。先発・中井拓夢(2年)は背番号6をつけているように、もともと内野手。中井は「僕は打たせて取る投手。とにかく低めに投げてゴロを打たせていることを意識しています」と語るように、無欲に低めにどんどんと投げ込んでいく。小見川打線を打たせていった。慣れない先発に、最初は「肩があまり回らず、最初は苦しかったのですが、徐々に調子が上がっていきました」と振り返るように、終盤以降から安定感あるピッチングを見せた。

 しかし、打線の援護はなく、0対0のまま延長戦へ突入。最後はバッテリーミスでサヨナラ。完封勝利で代表決定戦に進出した。

 旭農業はこの夏、1,2年生が14人ベンチ入りしており、戦いぶりを見ても落ち着いている。その中で吉田純明監督が投打の柱として期待するのが、行方 颯(2年)だ。投手として135キロを計測するという。この日はショートだったが、観ていても身のこなしが実に良い。1つ1つの所作から、センスの高さを実感させる。打撃は当てる能力は高い。本人が上のステージでやりたいと思う意欲が出てくれば、絶対に変わる選手だと思う。

 次の相手は銚子商。選手も、スタッフも戦える手ごたえを掴んでいる。

■写真ギャラリーで試合の様子をチェック!

(写真・河嶋 宗一

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
千葉王者・習志野!今年のチームも粘り強さは健在だと証明した秋を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
習志野打線が爆発!14得点で拓大紅陵を下した決勝戦を徹底レポート【秋季千葉県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
流通経済大柏vs小見川【千葉県 2019年夏の大会 第101回選手権千葉大会】
習志野vs銚子商【千葉県 2018年秋の大会 千葉県大会】
中央学院vs成田【千葉県 2018年秋の大会 千葉県大会】
成田vs暁星国際【千葉県 2018年秋の大会 千葉県大会】
習志野vs佐倉【千葉県 2018年秋の大会 千葉県大会】
第708回 戦国千葉2018 打高投低の東千葉 成田vs多古など序盤から好カードから続出!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第153回 【第97回千葉大会展望】例年以上に熾烈な戦国千葉2015を制するのは?【大会展望・総括コラム】
旭農業 【高校別データ】
小見川 【高校別データ】
第70回秋季千葉県高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

旭農業応援してます!中井さん!つよし 2017.08.23
銚子商業も倒して県大会いきましょう!

応援メッセージを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る