専大松戸がAシードの実力を示し、7回コールド勝ち!

 専大松戸がAシードとしての実力を示した。2回まで無得点。さらに2回裏には二死一、三塁のピンチを招いていたが、このピンチをしのぐと、専大松戸国分の先発・光森を捉える。

 一死二塁から2番浅尾聖作の適時二塁打で1点を先制。その後、二死二塁となって4番今里 凌(2年)が右前適時打を打ち、2点を先制。そして4回表には、一死一、二塁から9番石川祐の適時二塁打から1点を追加。さらに1番尾川 龍馬(2年)が左越え適時二塁打。この二塁打で二者生還。一気に5対0に。そして連続四球で二死満塁となって、5番平岩大和(3年)の中前適時打で2点を追加。さらに押し出しもあり、この計6点。8対0と大きくリード。

 先発の古川 信之介(2年)は下半身主導フォームから繰り出す常時130キロ中盤~135キロのストレート。ストレート、スライダーのコンビネーションで、国分打線を5回まで無失点に抑える力投を見せた。

 そして7回表にも岩淵の適時二塁打で、9対0と9点差とした。そして6回から登板した左腕・小堺が120キロ後半の速球と横滑りするスライダーのコンビネーションで、追いかける国分打線を抑え、7回コールド勝ちを決めた。

 専大松戸はエース川上 鳳之 (3年)をどれだけ温存して、終盤戦に元気な状態で持っていけるか。そういう意味で、古川が好投できたのは非常に大きかった。また春ではベンチ入りできなかった小堺 友貴も好投。あとは関東大会で肘を痛めて降板した濱名がベンチ入り。故障する前、138キロのストレートを投げ込んでおり、球質も十分で、かなり良い球を投げていただけに、その状態まで戻ることができていれば、専大松戸の投手陣はかなり楽しみな布陣といえるだろう。

打線はまだ仕上がっていない感じだが、2年生レギュラーの活躍が目覚ましい。1番に昇格した尾川、適時打を打った左のスラッガー・今里、恐怖の9番打者・石川、途中出場で打った岩淵正剛、楽しみな打者が多い。この勝利から状態を高めていけるか楽しみだ。

(文=河嶋 宗一)

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ