千葉経大附・菅野雄太郎が2安打完封勝利!



菅野雄太郎(千葉経大附)

 千葉経大附のウリといえば、強打者づくりと好投手育成。中学時代、無名だった選手をしっかりとたたき上げてきた。現在、広島東洋で活躍する丸 佳浩もその1人であり、昨年、エースとして活躍した140キロ右腕・中村 亮太(東農大北海道)も、入学時、120キロ満たない投手で、投手を専門的にやっていた選手ではなかった。また今年も、たたき上げのエースが現れた。その名は菅野 雄太郎。180センチ83キロと恵まれた体格をした大型右腕である。菅野は、千葉市シニア時代は無名の投手で、入学当時も、125キロ程度。そこから15キロ以上、スピードアップした投手である。

 千葉経大附の松本吉啓監督は「今日の菅野はそこまで調子は良くないですね。もっとストレートのスピードは140キロ以上。さらに変化球も切れる投手ですから」と語るように、ストレートは常時135キロ前後・最速138キロと140キロにいかなかった。それでも最速138キロを5球ほど投げており、120キロ前後のスライダーの切れも良く、コントロールも安定していて、一目で好投手と分かる。これでも本調子ではないというのだから、好調時の投球が実に楽しみだ。

 菅野は、投球フォームが良い。左足を上げてから、真っすぐ踏み出して、左腕のグラブを斜めに伸ばして開きを抑えつつ、テークバックでしっかりと肘を上げてからリリースに入り、打者寄りでリリースすることができる投手で、フォームの土台が実に良い。今年の千葉県では、好投手として推していい。投手としての奥行きでは、近年の千葉経大附の中では一番で、将来的にNPB入りの可能性を秘めた逸材ではないだろうか。菅野は、試合序盤、奪三振ラッシュ。5回まで、2回裏二死から4回まで7者連続三振含む8奪三振を記録した。

 ただ千葉経大附の松本監督は、「まだすっと入ってしまうボールがあって、それを打たれています。上のステージに上がると、今日の投球のままでは通用しません」と厳しい評価だった。

 一方、打線は2回裏、一死満塁から8番土屋の中前適時打で1点を先制。9番菅野自ら中前適時打を放ち、2点目。二死満塁から2番斉藤の中前適時打で3点目。幸先よく3点を先制したと思われたが、市立千葉の先発左腕・柳澤に苦しんだが、8回裏、4番細矢の二塁打から始まり、そこから敵失で1点を追加。さらにその後も、敵失で1点を追加して、5対0と点差を広げ、菅野は、市立千葉打線を被安打2、奪三振10、無四球に抑え、完封勝利。県大会出場を決めた。

 エース・菅野は一冬超えて、投手として一段レベルアップを果たした。県大会では、本調子と呼べるようなピッチングを見せ、一躍、ドラフト候補として注目されるのか。ぜひ県大会でのピッチングに期待したい。

(文・写真=河嶋 宗一

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集