2017年04月12日 船橋市民球場

船橋北vs日大習志野(延長引き分け再試合)

2017年春の大会 千葉県大会 一次予選 第2地区予選 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

地区予選とは思えないハイレベルな投手戦!お互い譲らず再試合に!



投げ合いを演じた塩澤廉(船橋北・左)、木原基秀(日大習志野・右)

 千葉県一次予選は雨天により順延続き。12日は久しぶりの快晴の中、各地で熱戦が繰り広げられた。

 日大習志野船橋北の一戦はロースコアの勝負となった。

 先制したのは船橋北。1回裏、一死三塁から3番石田 海斗(3年)の適時三塁打で1点を先制すると、さらに3回裏には石田の適時打で2対0とする。石田は投げても好投。左腕から125キロ前後のストレート、110キロ前後のスライダー、100キロ前後のカーブ、105キロ前後のチェンジアップを低めに集めることができる好左腕。内外角への制球力も長けて、投球のテンポも良い。打っても3番とまさに投打の中心選手だ。石田の好投で、2対1でリードしていたが、7回表、日大習志野が敵失で同点に追いつく。

 日大習志野は6回裏から登板したエースの木原 基秀(3年)が好投。木原は昨夏からエースとしてマウンドに登っている投手だが、当時の球速は、120キロ台。昨夏、4回戦で東海大市原望洋に敗れたが、エース・島 孝明(現・千葉ロッテ)の常時140キロ台後半の速球をベンチから目の当たりにして、「絶対に変わってやろうと思いました」と肉体改造を決意。多いときは1日6食食べるなど、食事トレーニング。昨夏まで174センチ58キロだったが、現在の身長はそのままで、12キロ増量の70キロまでアップ。「球の勢いは自分でも変わっていると実感しましたと木原の言葉通り、昨年よりも直球は、10キロ近くスピードアップし、この試合では、常時120キロ後半~常時133キロ(最速135キロ)を計測。

 それができるのは、体重増加に加えて、投球フォームの良さが挙げられる。木原はしっかりと左足を上げてから、真っすぐ踏み出し、内回りのテークバックから指先にしっかりと力を伝えたリリースができるため、コントロールされた130キロ台のストレートを投げることができる。110キロ前後のカーブ、120キロ前後のスライダーと各種の変化球の精度も高い。特にスライダーは「いつでもストライクが取れる」と絶対的な自信を見せる。お互い決定打が出ないまま延長戦を迎える。

【次のページ】 船橋北vs日大習志野(延長引き分け再試合)(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
習志野、中央学院がコールド発進!夏のシード校16チームが決まる!【千葉県大会・29日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
千葉県大会が開幕!市立千葉や東海大浦安などが勝利!【千葉県大会・27日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
市立船橋vs船橋北【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会 一次予選】
四街道vs日大習志野【千葉県 2017年夏の大会 第99回選手権千葉大会】
船橋北vs日大習志野【千葉県 2017年春の大会 千葉県大会 一次予選】
東海大市原望洋vs日大習志野【千葉県 2016年夏の大会 第98回選手権千葉大会】
第331回 【千葉抽選会後 展望】注目は木更津総合vs銚子商・柏南だけではない!見所満載の千葉大会を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
船橋北vs実籾【千葉県 2016年春季大会 千葉県ブロック予選】
第135回 【春季大会展望】春から戦国模様の千葉県春季大会の見所!【大会展望・総括コラム】
第2回 第96回全国高等学校野球選手権千葉大会 展望【千葉県の大会展望・総括コラム】
日大習志野 【高校別データ】
船橋北 【高校別データ】
第70回春季千葉県高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

日大習志野気合い‼️SOUL 2017.04.11
ゼロからの出発だ。先輩達に恥じない様、気合い入れて行け‼️
船橋北絶対勝利!!新2年母 2017.03.02
夏に向けて、いよいよ始まります
船北野球、必ず勝ちます
ファイト!!

応援メッセージを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る