2016年08月21日 県立柏の葉公園野球場

西武台千葉vs沼南高柳

2016年秋の大会 千葉県大会 一次予選 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

西武台千葉の躍進のカギを握る畔柳光と関根拓海

関根(西武台千葉)

 野田市が誇る強豪・西武台千葉。毎年好選手が輩出するチームだが、今年は投打でカギを握る選手がいる。

 西武台千葉はまず1回裏、二死三塁のチャンスを作り、4番関根は左前適時二塁打で1点を先制。さらに3回裏には1番高木の二塁打からチャンスを作り、一死三塁から3番丸山が左中間を破る適時二塁打、4番関根が右中間を破る適時三塁打。さらに5番黒川にも右中間を破る二塁打飛び出し、一気に4対0と差をつけると、4回裏には一死二、三塁から3番丸山の2ランスクイズが決まり。6対0とする。さらに5回裏にも集中打が決まり、一死一、三塁から1番高木の中前適時打で1点を追加すると、2番の進塁打で二死二、三塁となって、3番丸山の適時打、最後は4番関根の中前適時打で10対0とした。

 この試合は1番高木がチャンスメイクをして、クリーンナップを打ち返すという理想的な得点パターンができていた。どの打者も鋭い打球を放っていたが、その中でも目を惹いたのが4番を打つ関根 拓海(2年)だ。170センチ65キロとそれほど上背があるわけではないのだが、1つ1つのプレーに筋の良さを感じる。しっかりとトップを形成して、インサイドアウトで振り抜くことができる選手で、素質の高さを感じる。関根は、投手も兼任しており、投げては140キロ近い速球を投げ込むようだ。それだけに、身体能力は非常に高く、今後も注目すべき選手かもしれない。

 そして西武台千葉の先発・畔柳 光(くろやなぎ)は、期待の好右腕。右スリークォーターから投げ込む直球は常時130キロ前後のストレート、キレのあるスライダー、カーブをテンポの良いピッチングを見せる。本人はコントロール重視の投球を心掛けており、走者を出してもバタバタしないところが良かった。腕の振りが鋭く、174センチ65キロとまだ細身なので、しっかりと体重が増えていけば、135キロ~140キロも見えてくる逸材であった。 西武台千葉の躍進はこの2人にかかっているといっても過言ではない。

(文=河嶋 宗一

関連記事
・2016年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!千葉県の野球部訪問を一挙紹介!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東西ともに熱戦が続いた100回目の千葉の夏を振り返る! 【ニュース - コラム】
第740回 木更津総合、黄金時代の到来 中央学院、壁を破り初の選手権出場【大会展望・総括コラム】
習志野、中央学院、東京学館浦安、市立船橋がベスト4へ!【選手権西千葉大会・22日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
習志野vs西武台千葉【千葉県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 西千葉大会】
第717回 戦国千葉2018 西千葉 「習志野、専大松戸の二強を追うチームは?有力校を徹底紹介」【大会展望・総括コラム】
西武台千葉vs県立柏【千葉県 2018年春の大会 千葉県大会 一次予選】
第2回 千葉県は地区割の変更がどう影響するのか??【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
東海大市原望洋vs西武台千葉【千葉県 2017年秋の大会 千葉県大会】
千葉黎明vs沼南高柳【千葉県 2017年夏の大会 第99回選手権千葉大会】
第512回 戦国千葉2017が幕開け!木更津総合、専大松戸、東海大市原望洋の三強を追う実力校たち【大会展望・総括コラム】
第471回 いきなり木更津総合vs東海大浦安!今年もシード獲得へ向けて初戦から目が離せない!【春季千葉大会展望】【大会展望・総括コラム】
千葉明徳vs西武台千葉【千葉県 2016年春季大会 千葉県大会】
沼南高柳 【高校別データ】
西武台千葉 【高校別データ】
第69回秋季千葉県高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

沼南高柳新生高柳GS 2016.08.13
強豪ばっかりのブロックだけど、新生沼南高柳、今年こそ高柳旋風見せてくれ‼︎
精一杯応援します‼︎頑張れ‼︎沼南高柳❗️

応援メッセージを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る