2016年04月30日 千葉県野球場

東海大市原望洋vs木更津総合

2016年春季大会 千葉県大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

東海大市原望洋が投打で木更津総合を圧倒!

本塁打を放つ倉石(東海大市原望洋)

 選抜ベスト8で総合力の高さは県内トップクラスの木更津総合と、打つ投げるのポテンシャルの高さは木更津総合を凌ぐどころか全国トップクラスの東海大市原望洋の一戦が準々決勝が行われた。

 同じ第8ブロック。夏を見据えているのもあるのか、東海大市原望洋は最速153キロ右腕・島 孝明木更津総合早川 隆久は先発しなかった。ここからいろいろ牽制し合っているのが見える。

 先制したのは東海大市原望洋。1番倉石 匠己(3年)がストレートを捉え、レフトフェンスを超える本塁打で1点を先制。倉石は昨秋では4番を打っていた打者。それもサヨナラ本塁打を打った選手でもある。この選手の特長は、逆方向に強い打球が打てること。重厚な下半身をしていて、インパクト時に強い押し込みができるスイング、千葉県野球場で既に2本も、逆方向へ本塁打を放っているが、逆方向へ本塁打を打つ技術、パワーは県内でもかなり高いレベルに到達しているといえるだろう。

 さらに追加点を入れたい4回裏には、一死満塁から8番具志堅 駿(3年)が左中間を破る走者一掃の適時三塁打で、4対0と点差を広げる。さらに5回裏にはこの回からマウンドに登った三石から4番峯尾 京吾(3年)が右中間を破る適時二塁打を放ち、5対0とかなり優位な試合展開に。投げては金久保 優斗(2年)が好投。

 金久保の投球フォームを見ると球持ちの良さが魅力。ワインドアップから始動し、ゆったりと左足を上げて、真っすぐ踏み出す。左肩がやや下がった形でグラブを伸ばしていき、テイクバックを大きく取ってリリースする。打者寄りでリリースすることができており、指先に力を伝えたボールを投げることができる。直球は、常時135キロ~139キロを計測。終盤まで球威が落ちず、最速139キロも、7回表に計測したものである。

 さらに変化球の種類も多彩で、120キロ前後のスライダー、120キロ後半のカット気味の変化球、120キロ前後のツーシーム、110キロ前後のカーブと球種は多彩だ。直球の勢いも良く、変化球の精度も高く、内外角に投げ分けができるコントロールがあり、2年生としてはかなりのレベルだった。上背もあり、まだまだ肉体的に伸びしろがあるので、エース島 孝明のような爆発的な成長ができればと思う。

【次のページ】 東海大市原望洋vs木更津総合(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1010回 戦国千葉2020年の勢力図を紹介!【大会展望・総括コラム】
戦国千葉は今年も激アツ!習志野・木更津総合がリードも第二、第三勢力や公立校も見逃せない! 【ニュース - コラム】
第1136回 秋季千葉大会3完封でブレイクの竹内将悟(拓大紅陵) 関東での悔しさ糧に「野手を助けられる投手に」 【2020年インタビュー】
第972回 声だけでベンチに入った選手。比護涼真(現・関東学園大)から見える木更津総合の強さ【高校野球コラム】
第1004回 地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
習志野vs木更津総合【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
専大松戸vs東海大市原望洋【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
木更津総合vs中央学院【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
木更津総合vs東海大浦安【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
木更津総合vs千葉明徳【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
第962回 東海大相模相手に深めた自信を胸にライバルたちをねじ伏せる! 篠木健太郎(木更津総合)【後編】 【2019年インタビュー】
第960回 伸びのある快速球のルーツは中学2年秋。変化球の重要性を感じた甲子園 篠木健太郎(木更津総合)【前編】 【2019年インタビュー】
木更津総合 【高校別データ】
東海大市原望洋 【高校別データ】
第69回春季千葉県高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

東海大市原望洋あとひとつ一期生 2016.04.30
強豪相手の勝利おめでとうございます。でも内容は、フライのアウトが多すぎます。低くて速い打球を、叩きつけるバッティングをしてください。関東大会まであと一つ。応援に行きます。

応援メッセージを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る