3点リードを7回に追いつかれた千葉明徳、しぶとくもう一度突き放して逃げ切る

スムーズなフォームから制球よく投げる千葉明徳・清藤君

 6年前の県大会では習志野東海大望洋といったところを下して初優勝を飾っている千葉明徳。以来、ある程度の力を示す存在となっているが、この春も地区ブロック予選は2試合完封で通過し、県大会に入っても苦戦しみながらもここまで上がってきた。
対する多古も、地区予選成東を下し、県大会は1回戦(試合レポート)で東海大望洋、2回戦ではシード校の千葉商大付と実力校に勝って勢いに乗っている。

 そんな両校の対戦は、試合の流れがあっちへ行ったりこっちへ来たりという、慌ただしく動く試合で、現状の中ではお互いが持てるものを出し切ったというような展開になった。

 先制したのは千葉明徳で、初回いきなり多古の先発左腕清水君の立ち上がりを突いた。
千葉明徳は先頭の谷君が中前打で出ると、二塁盗塁で一死二塁として秋廣君の左中間二塁打でまず1点。さらに、高橋君も同じように左中間に運んで二走を帰す。多古の迫屋昇二監督は、早々と清水君を諦めざるを得ず、椿君を送り出した。

 その後、四球と内野ゴロなどで二死一三塁となって、ここで千葉明徳の宮内一成監督はディレードスチールを仕掛ける。結局、一塁走者の星野君は挟まれた挙句に一塁へ戻るのだが、三塁走者の高橋君は本塁へ突入。捕手のオブストラクションもあって3点目が入った。千葉明徳は、アグレッシブに攻めて仕掛けていったことで奪った3点で、試合の主導権を握った。

 千葉明徳先発の清藤君は、スムーズなフォームから制球よくコーナーを突いてくる。四球と安打の走者を許したものの、3回までは3人ずつで抑えていた。しかし、4回に先頭の石毛友君に死球を当ててやや乱れたところを3番内藤君に狙われ、右線二塁打で1点が入った。それでも、後続はチェンジアップなどを巧みに使いながら連続三振で切って取ったのは見事だった。

 ところが、ここからにわかに流れに変化が生じてきた。
千葉明徳は5回、1番からの好打順で内野安打と野選で得た無死一二塁を逃すとその裏、多古は失策で出た走者をバントと安打で進め、二死一三塁となったところで石毛友君が遊撃内野安打して1点差とした。

 千葉明徳は6回に9番新野君が右前タイムリー打をし、7回には失策と野選などヒットなしで得点したものの、動き出した試合の流れは止まらなかった。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!