チャンスを確実に生かした多古が大金星!望洋、見せ場なく初戦敗退

好リリーフを見せた椿投手(多古)

 今日から千葉県春季県大会が開幕。関東大会出場を懸けて、熱戦の火ぶたが切って落とされた。千葉県野球場での第一試合は多古vs東海大望洋
東海大望洋は言わずと知れた強豪校で昨年夏は甲子園に出場しており、今年度も優勝候補筆頭のチームだ。冬を超えて、筋骨隆々とした身体はよりたくましさを感じる。対する多古も有力校と称されており、率いる迫屋昇二監督は前任校の東総工でも千葉県の有力校に黒星をつけてきた。現在、中日ドラゴンズに在籍している杉山 翔大選手は迫屋監督の教え子である。

 時間通りに試合開始。東海大望洋・先発右腕の原田 泰成(3年)は昨年も甲子園を経験している本格派右腕。
こちらも1年生で甲子園を経験したバッテリーを組む峯尾 京吾(2年)のミットに力強くなった真っ直ぐが吸い込まれていく。1、2回だけで多古打線から4三振を奪う好投を見せた。対する多古の先発は背番号10を着けた左腕・清水 海富(3年)。それほど球速があるわけではないが、しなやかな腕の振りから、強力な望洋打線に対して、徹底的に内角を攻める。こちらも1、2回は難なく抑えた。

 3回表、多古の攻撃。
東海大望洋・原田は二死を難なく取るも、2番・鈴木から3連続四死球を与えてしまい、二死満塁に。原田は序盤から制球力に苦しんでいたが、そんなアバウトな原田の制球力を見極めた多古打線をここは褒めたい。ここで迎えるは5番・石川 直樹(3年)。原田の真っ直ぐを捉えた打球は中前安打になり、二塁走者もホームイン。多古が2点を先制した。東海大望洋が優位と見ていた球場の雰囲気が少しずつ変わっていく。

 5回裏、反撃したい東海大望洋は1番・林 優弥(3年)が安打で出塁。バッテリーミスで二塁へ進塁し、2番・石保 秀大(3年)が犠打を決めて、一死三塁のチャンスを作る。3番・寺岡 宏太朗(3年)を迎えたところで、多古ベンチが動いた。好投していた清水に代えて、右サイドスローの椿 拓之(3年)にスイッチ。寺岡は凡退したが、4番・石井 祐二郎(3年)が安打を放ち、1点を返した。ここから東海大望洋は更なる反撃を見せたいが、5番・倉石 匠己(2年)は凡退に終わってしまい、1点止まりで中盤を迎える。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!