2014年04月26日 千葉県野球場

市立松戸vs稲毛

2014年春季大会 千葉県大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

 

4番西田選手(市立松戸)

市立松戸が1回で試合の主導権を握り、コールド勝ちを決める

 市立松戸が初回に試合の主導権を握り試合を決めた試合だった。

 1回裏、市立松戸は無死一、三塁から3番日高 大地(3年)の右前適時打で1点を先制。相手野手のもたつきもあり、無死二、三塁となり、4番西田 直生(3年)の中前適時打で、2対0。さらに5番川下 大輝(3年)の中超え二塁打で、2点を追加し、4対0とする。

 4回裏には一死満塁から4番西田の時にバッテリーミス、西田の中犠飛で6対0。6回裏、一死二、三塁から6番小林の犠飛で1点を追加し、7対0と試合を優位に進める。

 投げては右サイドハンドの照沼が120キロ前後の直球、スライダー、カーブを織り交ぜ、7回無失点の好投で、7対0で市立松戸がコールド勝ちを決めた。

 市立松戸は3番日高、4番西田の両選手の能力の高さが際立っていた。
先制適時打を放った日高は長身の左打ちの外野手で、スクエアスタンスで構え、ボールを前でさばき、広角に打ち分ける。まだ線が細く、身体に厚みが出て、よりボールを強く叩けるようになると、さらに注目を集める選手だろう。

 西田は強肩強打の三塁手。スクエアスタンスで構え、ボールを手元まで引きつけて、鋭いバットスイングで強烈な打球を飛ばす。守備では腰を低く構え、丁寧にボールを処理し、三塁から強肩を披露。さらに動きにキレを求めていくと、スピードとパワーを兼ね備えた三塁手として評価される選手になっていくだろう。
2人とも体格が良く、技量も高い。次のステージでも狙える選手として今後も注目をしていきたい。

(文=河嶋 宗一)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東千葉の初戦の結果は? 西千葉は市立船橋がコールド勝ち!【選手権東西千葉大会・12日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
ルーズヴェルト・ゲームと12年ぶりの公式戦勝利が起きた東千葉大会2試合を徹底レポート!【千葉大会】 【ニュース - 高校野球関連】
稲毛vs横芝敬愛【千葉県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 東千葉大会】
第708回 戦国千葉2018 打高投低の東千葉 成田vs多古など序盤から好カードから続出!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
専大松戸vs市立松戸【千葉県 2018年春の大会 千葉県大会 一次予選】
第58回 混戦状態から抜け出た木更津総合、専大松戸と東海大市原望洋【千葉・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第2回 千葉県は地区割の変更がどう影響するのか??【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
松戸国際vs市立松戸【千葉県 2017年秋の大会 千葉県大会】
第598回 【千葉県展望】今秋は木更津総合、習志野、専大松戸が一歩リード 初戦から好カード続出!【大会展望・総括コラム】
成田vs稲毛【千葉県 2017年夏の大会 第99回選手権千葉大会】
千葉商大付vs市立松戸【千葉県 2016年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
第331回 【千葉抽選会後 展望】注目は木更津総合vs銚子商・柏南だけではない!見所満載の千葉大会を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第3回 第96回選手権千葉大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
稲毛 【高校別データ】
市立松戸 【高校別データ】
春季千葉県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る