同点3ランの古川卓磨(市立船橋)

千葉英和、延長15回にわたる混戦を制する!

 初回、千葉英和がスリーベースの2番・磯飛建太を3塁に置き、3番・木村太一がスクイズを成功させ1点を先制。

するとその裏すかさず市立船橋が反撃に移る。先頭の住友龍志がこちらもスリーベースで出塁。後続が四死球を選び満塁としたところで5番・大橋真樹のタイムリー、6番・志賀仁の犠牲フライで逆転に成功。このまま市立船橋がペースを握るかと思われた。

ところが、千葉英和も黙ってはいない。3回、押し出しで同点に追いつくと、相手のエラーにもしっかり付けこみ小刻みに点を重ね、6回までに5得点。5対2と市立船橋をじわじわと離していった。

 追い込まれた市立船橋は、なんとか1点でも返して流れを変えたい所。そんな中、試合は進み八回裏2死二、三塁。打席には、4番・古川卓磨。

 ツーストライクと追い込まれた3球目。力強いスイングから放たれた弾丸ライナーがライトスタンドへ突き刺さった。3ランホームラン、同点。まさに4番の仕事。一気に試合を振り出しへと戻した。