網谷 圭将(千葉英和)

小又 圭甫が投打に渡る活躍で千葉英和がベスト8進出!

 面白い対決となった。昨夏準優勝の柏日体と好投手・小又 圭甫(3年)を含めポテンシャルの高い選手が揃った千葉英和の対決。お互い能力の高い選手が揃い、細かい野球は使わず、打撃では果敢に攻める野球を身上とするチームだ。試合は最後まで1点を争う接戦となった。

1回表。千葉英和のマウンドに上がったのは小又であった。小又は今大会は背番号「18」でベンチ入りしている。昨秋は背番号「1」だったので、大会前まであまり調子が良くなかったのか気になった。

小又の立ち上がりはぴりっとしない。1番山口 直恭(2年)が右中間を破る三塁打を浴び、その後、バッテリーミスで1点を先制を許すと。さらに2番後藤 圭輝(3年)の内野安打で出塁。さらにワイルドピッチで二塁へ進み、3番中津 進二郎(3年)の犠打で1死三塁として4番深澤 大夢(3年)の犠飛で1点を追加され、2対0となる。

だが千葉英和も反撃。1回裏、1番小山 響(3年)が左中間を破る二塁打、2番礒飛 建太(3年)が犠打で一死三塁として3番光武 樹生(1年)は一ゴロ。一塁手がバックホームしたが、送球が若干逸れてセーフ。野選で1点を還す。2回裏に二死二塁から1番小山の右中間を破る長打で同点に追いつく。

3回裏は千葉英和の打線がつながり、1死から4番吉村 海人(3年)が四球で出塁し、5番網谷 圭将(3年)が右中間を破る二塁打で、一気にホームインし、逆転に成功。さらに6番小又も右中間を破る二塁打で網谷がホームインし、4対2。7番木村 太一(3年)が凡退したが、8番鈴木 辰徳(3年)が左中間を破る長打を放ち、5対2と3点差をつける。