2013年04月12日 長生の森野球場

館山総合vs千葉学芸

2013年春季大会 千葉県ブロック予選 代表決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

 

先発・池田(千葉学芸)

館山総合が守り勝ちで県大会出場!

第7ブロック屈指の好カード。千葉学芸館山総合の一戦。
千葉学芸は昨秋にベスト32に進出。近年力をつけているチームだ。館山総合は昨夏ベスト16。習志野相手に1対3の接戦を演じた守備型のチームである。

背番号1をつけた投手が先発ではなかった。千葉学芸は1年夏から主戦を担ったエース・長嶺ではなく、池田(2年)。館山総合は橋本だった。千葉学芸の池田は、なかなかの速球派右腕。上半身を鋭く旋回させたオーバースローで、指にかかった時の速球は135キロ前後を計測しているだろう。カーブ、縦に大きく落ちる変化球をおりまぜながら、3イニングまで5奪三振を奪う快投を魅せる。球数が多く、まだ荒削りな部分が多いが、上手く行けば来年度の千葉県を代表する存在になりそうだ。

館山総合の先発・橋本は右のサイドハンド。この投手が中々切れのあるストレートを放っている。恐らく125キロ前後ぐらいだが、コーナーへズバズバとついていくのだ。スライダーも低めに決まってなかなか打ち崩せない。

昨年のエース・黒川 雄太朗もそうだったが、凄みはないものの制球力に優れ、安定感のある投手が多い。彼もそのタイプだと思う。まさに対照的なタイプ同士の投げ合いになった。

先制したのは千葉学芸
4回表、一死満塁から押し出し死球で1点を挙げる。橋本は押し出しを恐れずにインコースへガンガンとついてくる。結果的に死球になったが、ピンチの場面でも物おじしないで投げ込む彼の度胸の強さは素晴らしいものがある。その裏、館山総合は一死満塁からライト前タイムリーで1点を返し、その後は両者譲らぬ展開に。

【次のページ】 館山総合vs千葉学芸(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
相川 亮太(館山総合)がプロ志望届を提出! 【ニュース - 高校野球関連】
打ち合いを制するチームが東千葉を制す!乱打戦が予想される東千葉の展望! 【ニュース - コラム】
第708回 戦国千葉2018 打高投低の東千葉 成田vs多古など序盤から好カードから続出!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第486回 八千代松陰(千葉) 選手同士の会話が生んだ結束力【前編】【野球部訪問】
第651回 28日開幕の千葉県大会!シード権獲得・関東大会出場をめぐって激戦の予感!【大会展望・総括コラム】
第685回 相川亮太(館山総合)「県大会は腕試しの場」 【2018年インタビュー】
館山総合vs大多喜【千葉県 2018年春の大会 千葉県大会 一次予選】
第625回 千葉の春の地区予選!8ブロック別の注目チーム・注目校を紹介!【大会展望・総括コラム】
千葉黎明vs千葉学芸【千葉県 2017年秋の大会 千葉県大会】
第598回 【千葉県展望】今秋は木更津総合、習志野、専大松戸が一歩リード 初戦から好カード続出!【大会展望・総括コラム】
銚子商vs館山総合【千葉県 2016年秋の大会 千葉県大会】
県立銚子vs館山総合【千葉県 2015年秋の大会 千葉県大会 二次予選】
国分vs千葉学芸【千葉県 2014年夏の大会 第96回選手権千葉大会】
館山総合 【高校別データ】
千葉学芸 【高校別データ】
春季千葉県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る