能代松陽がサヨナラ勝ちで決勝進出

 昨秋の県大会で準優勝し、今春の県大会で優勝している大曲工田代 大智という好選手もおり、今夏、甲子園に近い位置にいる。
対する能代松陽は、前身が201011年に甲子園に出場している能代商で、昨年度、女子校の能代松陽と統合して誕生した。能代商として最後の夏となった12年能代松陽として初めての夏となった13年は、いずれも代表になった秋田商に敗れた。とはいえ、能代松陽は夏に強い印象がある。

 大曲工の先攻、能代松陽の後攻で始まった試合は序盤、投手戦となった。

 大曲工は4回まで能代松陽のエース・吉田昂希の前にヒットが出ない。1回表に先頭の佐々木 将が死球で出塁しただけで走者も出せなかった。
一方、能代松陽は走者を出しながらも得点に結びつけることができず、0—0で試合は進んだ。

 5回表、大曲工は1死から5番・飯塚翔太がセンター前ヒットを放ち、出塁する。続く7番・佐々木貴弘がエンドランを決めてライトへヒット。1死1、3塁とし、8番・三浦昌也がライトへフライを打った。三走・飯塚がタッチアップ。しかし、9→4→2と中継がつながり、ホームでタッチアウト。先制とはならなかった。

 その裏、能代松陽は1死から1番・清水徳馬が右中間へ二塁打を放つと、 2番・小林俊己への2球目が暴投となり、三塁へ。
場面は1死3塁となり、小林の打球は内野で大きく弾み、ライトへ抜けていった。待望の先制点が能代松陽に入った。