2011年11月03日 岡崎市民球場

桜丘vs愛産大三河

2011年秋の大会 第125回全三河高校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

桜丘・榊原明

秋の三河で「桜」サク? 全三河大会、桜丘14安打で決勝へ

三河地区の代表16校が凌ぎを削る第125回全三河高校野球大会は3日、岡崎市民球場で準決勝2試合を行った。第1試合では14安打を重ねた桜丘が3対1で愛知産大三河を下し、決勝へ駒を進めた。

 桜丘のキャプテン・水野雄平が攻守に光った。打っては5回表、代わったばかりの相手投手からタイムリーヒット。逆らわずに右方向へ弾き返しチームに貴重な追加点をもたらした。流し打ってもスイングの弧は小さくならず、しっかりと振れるのがいい。前の試合でのサヨナラ打に続き、この日も「猛打賞」と活躍した。マスクをかぶる捕手守備では周囲への声掛けを欠かさず、同世代の捕手に比べて視野を広く持っている印象を受けた。動きも軽く、敏捷性もありそうだ。

 桜丘は好機で主軸打者がランナーを返した。3回表には一死二塁で、1番鳥居ゆうじが甘い球を振り抜いてセンターオーバー。1年生だが構えに雰囲気があり、打席の中で姿を大きく見せていた。二死後、3番林周平も勝ち越しとなるタイムリーを放ち、打線をつなげた。

 投げては先発・榊原明が相手打線を7回まで1失点に封じ、勝利を呼び込んだ。身長170センチで特別に角度があるわけではないが、打者の手元で球が微妙に変化して厄介だ。シュートらしき球(ツーシームかもしれない)も打者をてこずらせた。この榊原、秋の県大会では優勝した愛工大名電を相手に完投し(8イニングス)2失点に抑えたほか、杜若愛知啓成に対しても好投している。また8回裏からリリーフした高津常暢は、左腕からキレのあるスライダーを低目に集め、2イニングスで5個の三振を奪った。

 桜丘は今秋の県大会でベスト8。2008年秋のドラフト会議でスラッガー・中川大志(現・東北楽天)をプロ球界に送っている。

【次のページ】 桜丘vs愛産大三河(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
高校時代に甲子園や各地方大会で活躍を見せた選手の次の舞台は?!六大学や東都に進学する逸材たち! 【ニュース - 高校野球関連】
愛知高校野球は2020年も見逃せない!気になるチームを一気に紹介! 【ニュース - コラム】
第4回 「球国愛知」は今年もアツい!2020年の愛知県高校野球の注目校を一挙紹介!【愛知の高校野球】
愛知産大三河vs安城【愛知県 2019年秋の大会 第141回 中日旗争奪 全三河高校野球大会】
愛知産大三河vs成章【愛知県 2019年秋の大会 第141回 中日旗争奪 全三河高校野球大会】
豊田北vs桜丘【愛知県 2019年秋の大会 第141回 中日旗争奪 全三河高校野球大会】
桜丘vs至学館【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
中京大中京vs愛知産大三河【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
第936回 【愛知大会展望】享栄ブロックに東邦、星城、中部大一に愛工大名電と、各ブロックに実力校集まる!【大会展望・総括コラム】
第204回 石川昂弥、黒川史陽などスラッガータイプの実力は?逸材野手たちを徹底考察!【後編】【ドラフト特集コラム】
第876回 センバツ甲子園を制した東邦を中心に享栄、至学館、中京大中京、豊川などが追う【大会展望・総括コラム】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
愛知産大三河 【高校別データ】
桜丘 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る