2011年04月29日 春日井市民球場

東邦vs享栄

2011年春の大会 県大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ソロホーマーした享栄・長谷川君

東邦が2回にビッグイニングを作り、そのまま逃げ切り

愛知県の高校野球ファンにとっては、3回戦の段階で当たるにはもったいないという気持ちになるカードではあったが、序盤に大きくリードを奪った東邦が藤田君から渡邊君への継投で、序盤のリードを守り切った。
  もっとも、享栄としては9回には2点を返してなおも満塁として、プロのスカウトたちも注目している五番神鳥君を迎えて、長打で同点、一発が出れば逆転という場面を迎えたのだが、結果的には右飛。東邦が逃げ切った形となった。ただ、享栄にしてみれば、最後が神鳥君だったということで、チームとしては打っても打てなくても納得のいく形にはなったようだった。

 結果としては、2回2死からの大量失点が効いたということになった享栄だったが、彦坂明人監督としては、「去年の秋に中心として投げていた杉本がまだ投げられない中で、いろいろ試してみたいことはやってみて、いい悪いを含めて、その結果は見えたと思います」という内容で、序盤で大量失点しながらも3回以降はしっかり引き締めた投球をした加納君が完投した。結果としては夏のシード権は取れなかったことになったものの、3回以降の加納君の投球は収穫はあったということは言えそうだ。

また、攻撃面としても享栄としては、7点差をつけられて意気消沈しそうなところで、長谷川君が放った左翼へのソロで元気を取り戻し、7回には六番佐野君の三塁打と失策で加点し、9回に追い上げるという形になっていった。
ただ、彦坂監督としても、「エンジンのかかりが遅くて、こういう試合になってしまいます。後半は対等で戦えているのですからね」と、3回以降は自分たちのペースで進められたことは評価して前向きにとらえていた。
また、神鳥君がキーマンである以上、その前にどれだけ好機を作っていくのかということも、チームとして勝っていくためには大事なテーマとなっていきそうだ。試合展開としては、改めてそのことを確認することにもなった。

【次のページ】 東邦vs享栄(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
豊橋中央、享栄に競り勝ち秋季大会初のベスト4!秋季愛知県大会の2試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
打率を残せるバッターに!高校日本代表4番・石川昂弥(東邦)が世界で見つけた課題 【ニュース - 高校野球関連】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
享栄vs豊橋工【愛知県 2019年秋の大会 第72回愛知県高校野球選手権大会】
第1049回 ここまで4試合で6安打5打点 石川昂弥の好調を生んだ夏の「長い準備」 【2019年インタビュー】
第1044回 練習では目立たない実戦型アベレージヒッター・熊田任洋(東邦)は打つための準備をしている 【2019年インタビュー】
第22回 世界一への道は、野手陣の成長が最重要!U-18野手の走攻守の課題を洗い出し!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第965回 【秋季愛知大会展望】伝統の私学4強に、今夏上位の至学館、星城などが絡む展開か?【大会展望・総括コラム】
第10回 U18ナンバーワンのバットコントロール!目指せ最多安打・熊田任洋(東邦)【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第7回 右のナンバーワンスラッガー・石川 昂弥(東邦)!世界の剛腕たちを攻略する一発を!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
千葉日大一vs東邦大東邦【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
国府vs半田東【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
東浦vs刈谷北【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
享栄vs星城【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第956回 「野球を愛する純粋な高校生」目指すは見るものをワクワクさせる野球選手 山田紘太郎(西尾東)【後編】 【2019年インタビュー】
享栄 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
春季愛知県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る