本山弘樹(岡崎工)

古豪復活担う岡崎工・本山の成長を期待

昨夏の愛知県大会の出場校は188を数え、全国で最多である。188もあれば、県内至る所から「有望選手」が出てきて、追いかけるのが大変だ。名古屋市内にある「私学4強」は全国的にもメジャーで脚光を浴びやすいが、県の東部にあたる「三河地方」からも、去年の千賀 滉大蒲郡→ソフトバンク育成)のような好素材が毎年現れる。

この日注目したのは、その三河地方にある岡崎工科のエース・本山弘樹だ。身長179センチで、体型もピッチャーらしい。ノーワインドアップのモーションからしなやかに腕を振り、球の回転がきれいだ。ひと目見ただけで、好投手だと感じさせるフォームをしている。

ただしこの日の本山は本調子ではなく、序盤から苦労の連続。とうとう5回裏には、4者連続与四球や3連続被安打により、8失点を喫してしまった。本格派投手にありがちな、微妙な感覚のズレによるコントロールの喪失や、相手バッターにとって速球が「打ちごろ」のボールになってしまう場面もあった。

ただ、まだシーズンは幕を開けたばかり。今回の炎上だけでどうこう言えないし、本山の野球センスは存分に見て取れた。

大野拓也監督は「本来は、投球の組み立てがきちっとできる投手です。牽制も身に付けています(この試合でも牽制アウトが2つ)」と話し、この日の乱調を「以前ヒジを痛めた関係で、最近まであまり投げ込みが出来なかった影響があるのでしょう」と分析した。

ワンプレーや「流れ」により大量失点が引き起こされるのは、高校野球ではよくあること。5回裏の本山にとっても、不運な要素はいくつかあった。もちろん、それを食い止めてこそエースなのかもしれないが、目先の失敗にめげず、レベルアップを続けてほしい選手だ。