2010年07月19日 瑞穂球場

知立東vs蒲郡東

2010年夏の大会 第92回愛知大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

七原優介(知立東)

「隠し玉」140キロ豪腕・七原が力投

ある雑誌で、知立東のエース七原 優介を今夏の「有望選手」として紹介させて頂いた。
他誌では名前は挙がっておらず(県内では密かに評判になっていたようだが)、目立った実績もない「無名」の投手である。それでも、3月の地区大会で観た際に、体のバネが生きたパワーのあるストレートを投げていたのが忘れられず、いわゆる「隠し玉」として期待を込めてリストアップした。

知立東は、その春の地区大会では、メンバー数がベンチ入りの上限数に及んでいない状況だった。新入生が入学し、今でこそ部員数は20名(ベンチ入り上限)を超えるが、部員数の少ない公立校でも、140キロを投げる投手が現れたという事実は新鮮だった。

そんな背景もあって、いよいよ七原が気になる。
初めて会った春と比べて、この夏、どこまで成長したか。

こちらが勝手に期待しているだけと言ったらそれまでなのだが、七原の活躍を見るため、無理やり知立東の試合を観戦スケジュールにねじ込んで、この日の名古屋市瑞穂公園野球場瑞穂球場で30分だけ時間をとった。
結果、七原は見事に伸びていてくれた。
腕の振りが力強く、相変わらずボールが弾けるように飛んでくる。そして、体感の球速が確実に増速している。「スピードが速いだけの棒球」が減った。

立ち上がり、先頭打者をストレート、カーブ、カーブで3球三振。春に観たときは、ストレートに頼り一本調子になってしまう面があったが、先頭打者を変化球で抜いての3球三振という組み立ては妙味も十分。初回をものの5分で料理した。もちろん自慢の球威で圧倒し、詰まらせてゴロで打ち取ったり、空振りを奪うシーンも多々。
春に本人に話を聞いた際は、「コントロールが一番の課題」と言っていたが、その点での改善もみられる。

筆者は序盤を観戦したのみで、別の試合の取材のためやむなく瑞穂球場を後にしたが、終わってみれば5被安打10奪三振の2失点完投勝利を飾ったようだ。5回1被安打7奪三振(5回コールド勝ち)と見事な投球をした17日の初戦に続いての好投であったと思われる。
次の試合は、2008年にセンバツ甲子園に出場して1勝を挙げた成章が相手。最初の大きなヤマ場となるが、七原がどう立ち向かうか、楽しみにしている。

(文=尾関 雄一朗




この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第708回 連日接戦の気配漂う、東西愛知大会の夏の展望!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
22日から愛知地区予選が開幕!注目校の初戦の相手は? 【ニュース - 高校野球関連】
21日開幕の愛知県の各地区の組み合わせ決定!愛知産大三河は豊田高専と対戦! 【ニュース - 高校野球関連】
第44回 県立知立東高等学校(愛知)【冬が僕らを強くする2017】
知立東vs刈谷【愛知県 2016年秋の大会  第69回愛知県高等学校野球選手権大会】
第424回 【愛知展望】今年も東邦、愛工大名電などの愛知私学4強が中心!4強を追う学校は?【大会展望・総括コラム】
蒲郡東 【高校別データ】
知立東 【高校別データ】
第92回愛知県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る