2010年07月19日 熱田球場

蒲郡vs愛知商

2010年夏の大会 第92回愛知県大会 2回戦

一覧へ戻る

星川(愛知商)

プロ注目の快腕・千賀が古豪に挑む

プロ注目の投手・千賀 滉大を擁する蒲郡が古豪・愛知商と激突するという密かな好カード。バックネット裏にはプロ3~4球団のスカウトが陣取り、千賀の投球に鋭い視線を注いだ。「プロ注目」と呼ばれる投手は毎年何人もいるが、この時期にスカウトを集めることができるというのは、結構なものである。

投手らしい体型から比較的スムーズに腕を振れる。腕の力をほどよく抜いていて、フォームに過度なクセがない。140キロを超えるというストレートは快速球タイプで、この日もしばしば130キロ台後半をマークした。一連の投球動作に美しさがあり、現状でも十分に好投手といえる。欲を言えば、腕が下がると相手打者に打たれやすいのと、もう少しストレートにスピードが乗ってこれば。そうすれば、ドラフト指名も現実味を帯びてくる。

ただ、その千賀、いいものを持ちながらも、このゲームでは若干苦労した。4回表には愛知商の小島和也・星川敦司に連打を許し、福田敦史にタイムリーを浴びた。5回表にも3与四死球で溜めた走者を小沢翔也にタイムリーで返され、スコアは2-5に。

3回裏に千賀自らのスクイズでチームは逆転していただけに、そのままピシャリと敵を封じていれば「ドラフト候補」として見ている側もスッキリとしただろうが、愛知商の地力もあって、なかなかそういう訳にもいかなかった。

愛知商は、前述のように千賀を攻め立て、自軍ペースで試合を進めるかに思われた。4回裏からリリーフしたエース和田翔太は、登板直後の2イニングスを三者凡退で切って取り、一時は試合の流れを引き寄せた。和田はゆっくりとフォームを始動し、テークバックからは一転して大きな腕のアクションで、指にかかったボールを投げ込んでくる。球自体は来ていた。それだけに、6回裏、7回裏のランナーを出してからの投球が惜しかった。後続のリリーフ投手も抑えきれず、逆転を許してしまった。

(文=尾関 雄一朗