2010年07月17日 刈谷球場

瑞陵vs知立

2010年夏の大会 第92回愛知大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

瑞陵・坂田


公立校を引っ張る1年生強肩捕手

瑞陵の坂田英駿は、1年生ながらキャッチャーで3番打者。
中学時代から名の知れた選手で、進学先が注目されたが、バリバリの野球強豪校ではなく、進学校である公立の瑞陵を選んだ。
その理由を「勉強のこともありますし、大学で野球をしたいという思いがあったので。(瑞陵なら)選べる(進学する大学の選択肢も増える)ので・・・」と説明してくれた。

しっかりしている。既に入学前から、大学まで見通しているとは・・・。

瑞陵は野球がことさら強い学校ではないから、当然、そこに「超中学級」の坂田が加入すれば1年生でもチームの中心選手になる。この日は延長10回裏、2死二塁で打順がまわり、見事にサヨナラタイムリーを放った。本人は「緊張しました」とこの場面を振り返るが、決めるなら坂田しかいないと思っていた観客も少なくなかっただろう。

なにしろ、打球の速さが違う。そして、「中学時代に走られた(盗塁された)ことがない」という遠投100メートル近い強肩がある。伸び伸びと野球がやれそうな環境下で、今後どう育っていくか楽しみな選手である。

【試合経過】
瑞陵は、2点を追う9回裏、5番吉沢和樹のタイムリーと7番岩永健太郎のスクイズで同点に追いついた。午前中に見た星城の9回裏同点劇もそうだったが、ビハインドの場面・打ち損じが許されない場面で、よく期待に応えてタイムリーヒットを打てるなぁと、その精神力・気迫に本当に感動する。「9回裏のドラマ」は、本当にある。
エースの福島大地は、ゆっくりとした大きなフォームから、キレのあるスライダーを投げる投手。味方の反撃を待つ9回表、そして味方が同点に追いついた10回表などは、俄然スライダーの落差が大きくなり、三振を奪った。

一方、敗れた知立は、8回表に4番佐藤匠が貴重な追加点をたたき出してスコアを4-2としただけに、悔しいサヨナラ負け。リリーフ登板した河合将希は、体の捻りをきかせてリリースに力を集中させるフォームで、果敢に打者に向かっていったが、最後に力尽きた。試合後、うなだれる河合を、捕手の鈴木健太が慰める。昨夏、初戦で0-14と敗れた際も、ともに出場していた2人だ。今年は7月10日の初戦で勝利を挙げ、この試合を迎えていた。

(文=尾関 雄一朗




この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
知立東vs刈谷【愛知県 2016年秋の大会  第69回愛知県高等学校野球選手権大会】
【選手権愛知大会】誉、安城に7回コールド勝利!7月24日の結果 【ニュース - 高校野球関連】
【愛知県春季大会】中京大中京、豊橋中央など勝ち上がる!2回戦10試合の結果 【ニュース - 高校野球関連】
愛知産大工vs知立【愛知県 2013年秋の大会 秋季愛知県大会】
国府vs瑞陵【愛知県 2011年夏の大会 第93回愛知大会】
知立vs岡崎工【愛知県 2011年春季大会一次予選】
知立東vs蒲郡東【愛知県 2010年夏の大会 第92回愛知大会】
瑞陵 【高校別データ】
知立 【高校別データ】
第92回愛知県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る