2010年03月26日 阿久比球場 

知多翔洋vs半田

2010年春季大会一次予選 
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【知多翔洋・堅田君】

知多翔洋が中盤に突き放し、継投でそのまま逃げ切り

 前半はお互いが打てなさすぎたと言ってしまえばそれまでかもしれないが、半田の豊岡君、知多翔洋の堅田君の両投手が好投し投手戦的展開の試合だった。しかし、三巡目になって知多翔洋打線が豊岡君をとらえて攻略した。

 0-0で迎えた5回、知多翔洋は1死から一番田中君が内野安打で出塁するとバントで進め、伊藤大君の一打は風に乗って中前のポテン二塁打となり先制。さらに早川君が中前打して一三塁とすると、ここで果敢にダブルスチールで加点。さらに、吉川君も中前へはじき返してこの回3点。
 続く、6回も七番川添君が中前打で出ると貝本君がしっかりと送り、途中から出ていた谷端君が左翼頭上を破る二塁打を放ち二走を迎え入れた。なおも、バントで進めると、杉本君が三塁強襲打を放って5点目。失策もあって6点目が入った。

 派手さはないものの、知多翔洋は送るべきところはきちんと送り、都合7犠打。さらには、重盗も含めて6盗塁と、機動力を見せた。

8回には無死一二塁から重盗を仕掛け、その後川添君がスクイズを決めるなど、河合秀紀監督の意図する野球がしっかりとやれていたという印象だった。守りでも、邪飛球をダイビング捕球した川添君の好守など、1球への思いが伝わってきた。

 投手陣も知多翔洋は先発堅田君が5回を3安打無失点で抑え、その後を伊藤大君、加藤慶君とつないでいった。リリーフした二人はともにやや制球にバラつきがあり、不用意に3ボールにするなど自分で苦しんだものの何とか凌いだ。加藤君は代わり端、いきなり二塁打されるなどで無死満塁のピンチを作ったものの、その後を踏ん張ってよく抑えた。

 半田は昨年夏に健闘した関君が肩の故障もあって投げられないのも痛かったが、それよりも打てなさすぎた。声を出して元気にプレーしていこうという気持ちは伝わったが、(筆者の母校でもあるけれども)我々の時代以上に貧打という印象だった。

(文=手束 仁)


この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
至学館vs成章【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
常滑vs知多翔洋【愛知県 第130回全尾張高等学校野球選手権大会 知多地区予選】
半田vs東海南【愛知県 第130回全尾張高等学校野球選手権大会 知多地区予選】
チャンスを逃さなかった愛知が初戦突破!栄徳はコールド勝ちした2試合をレポート!【秋季愛知県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
愛知vs半田【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
大府vs半田【愛知県 2020年 夏季愛知県高等学校野球大会】
【愛知独自大会】東浦が投手戦を制す!知多翔洋、大府らも勝利した11日の試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
第4回 「球国愛知」は今年もアツい!2020年の愛知県高校野球の注目校を一挙紹介!【愛知の高校野球】
第990回 【秋季愛知県大会】中京大中京が日本一へ輝くも、各地区の猛者が実力の片鱗を見せた球国愛知の秋【大会展望・総括コラム】
第965回 【秋季愛知大会展望】伝統の私学4強に、今夏上位の至学館、星城などが絡む展開か?【大会展望・総括コラム】
第949回 【愛知大会総括】令和最初の夏の愛知は「戦国愛知」を象徴する大会だった!【大会展望・総括コラム】
第876回 センバツ甲子園を制した東邦を中心に享栄、至学館、中京大中京、豊川などが追う【大会展望・総括コラム】
知多翔洋 【高校別データ】
半田 【高校別データ】
春季愛知県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る