大ワザと小ワザで西尾が、粘る東海南を振り切る

<第104回全国高校野球選手権愛知大会:西尾2-1東海南>◇2日◇1回戦◇刈谷

 例年よりも、3週間ほど早く梅雨明けした愛知県。連日、35度を超える猛暑が続いている。そんな中で、今年の第104回全国高校野球愛知大会が開幕した。まだ、新型コロナも完全収束はしていない中、猛暑対策も加えていきながら、さまざまな警戒をしていかなくてはならない。

 それでも、開幕した愛知大会は多くのファンも足を運んでいたし、応援団も入っていた。多くの人たちが入場に並ぶ様子を目にすると、2年間失われていたいつもの夏が戻ってきたのかなぁという思いにもさせられた。

 愛知黎明に勝つなどしてベスト16にまで残った昨年のチームに比べると、いくらか粒は小さいくなったということは否めない西尾。しかし、選手たちが真面目でひたむきに練習していく姿勢は変わっていない。というよりも、選手たちは「自分たちは、しっかりと練習して積み上げていかなくてはいけない」という意識があるからこそ、ひたむきに取り組んでいかれるのである。春季大会は、2次順位決定トーナメントで、滑り込みセーフで県大会に進出を果たした。それでも、県大会では、敗れはしたものの名古屋市内の実績のある私学の伝統校・愛知に1対2と善戦。愛知打線を2失点に抑えて鈴木 海渡投手(3年)は自信を得た。

 初戦でもあり、そのエース鈴木が先発した西尾。打線も、2回に6番永田 卓が右越えへソロホーマーを放って先制。西尾の流れで試合が進んでいくかと思われた。

 ところが、そこから東海南は踏ん張った。本塁打後も連打されたり、3回、4回も先頭を出し苦しい展開ではあったが、山本 輝空投手(3年)がよく踏ん張っていた。5回などは、1死で西尾の1番・横山 晟也外野手(2年)が二塁打して、続く野田 峻平内野手(3年)も二塁を強襲する安打で球がそれる間に本塁を狙った二塁走者を、バックアップした遊撃手の渡邊 大翔内野手(3年)が本塁へ好送球で刺した。

 こうして、東海南のしっかりした守りもあり、西尾としては1点リードこそしているものの、むしろ苦しい展開の試合でもあった。