近江、決勝戦大敗。投手育成が急務も信頼を勝ち取るのは投手陣の心がけ次第



山田陽翔(近江)東京スポーツ/アフロ

<第94回選抜高校野球大会:大阪桐蔭18-1近江>◇31日◇決勝◇甲子園

 第94回選抜高等学校野球大会の決勝戦は大阪桐蔭(大阪)が18対1で近江(滋賀)に勝利した。近江は多くの課題を背負う試合となった。

 改めて近江の課題がつきつけられる決勝戦となった。前日の試合で170球を投げ、さらに死球を受け、打撲の山田 陽翔投手(3年)が先発。足の状態を見ながら、多賀監督と話をして先発が決まった。

 しかしブルペンからボールが走らない。それはマウンドになってもほとんどが130キロ台。これまでのセーブではなく、疲労の影響でストレートが走らないものだった。そして3回途中まで投げて4失点。相手の主砲・松尾 汐恩捕手(3年)にホームランを打たれたところで降板。この降板は山田が直訴したものだった。

「あそこで降板したのは、これ以上迷惑をかけられないので、監督に『交代してほしい』ということを伝えました。あの打者、松尾くんのところで最後にしようと思っていたところで、打たれました。あのあたりまでだったかなと思っていました」

 そして多賀監督は今回の決断を間違ったと語る。

「先発に山田を起用しましたが、結果的に今日は無理だったということで、回避すべきだったと思いました。ここまで来たので何とかという気持ちがありましたが、彼の今後、夏はもちろん、将来を見たら、先発は間違いだったと思います。

 普段からの主将としてチームの大黒柱として、責任感から来る気持ちで先発を志願しましたが、ブルペンの状態から本来ではなかったと本人も言っていて、3回にホームランを松尾君に打たれたときに私へ交代の連絡があったので、彼にとっては大事に至らなくてよかったと思います」

 ある意味、45球で終わって良かったと思う。18失点してしまったが、山田自身が自分の才能を守る上でも良い決断でもあったし、今後の近江高校にとっても。

 多賀監督は今後の課題を語る。

「改めて野球は投手だということですね。それを甲子園で何度も経験している中で、今日も相手を抑えられない。守備でも投手を盛り立てられず、ちぐはぐで一方的になったので、夏に向けて山田に次ぐ投手を育てることが決勝戦で鮮明になったので、しっかり育てたいです」

 多賀監督は山田の精神力の強さ、人々の魂を熱くさせるような凄い投手と何度も絶賛をしていた。それは間違いない。こういう状況でも山田は「自分たちに力がまだまだなくて、決勝まで来て体力がない試合で足りないものだらけだったんで、見つめ直して夏もう一度挑戦したいと思います」と課題を語るところは頭が下がる。

 山田も主将として、投手陣の台頭を期待する。

「投手1人では難しいことを痛感しました。あとは近江打線は集中打が出るので、強みを生かせる試合展開、攻守がかみ合うような試合運びができればと思います。あとは選手同士で言うのが一番の刺激なので、高い意識をもつ環境をもって、高い目標に向かっていくのが鍵だと思うので、選手の意識だと思います」

 もし近江がセンバツに出場していなければ、第二の投手育成移行はもっと遅かったかもしれない。これから始まる県大会では、第二投手育成へ向けてアクセル全開になるのではないだろうか。

 多賀監督の信頼を勝ち取り、厳しい場面を投げられるまでの投手になるには、山田以外の投手陣の心がけ次第である。

(記事:河嶋 宗一