この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

終盤にもつれた試合は、延長11回で安城学園が岡崎学園を突き放す



延長戦の勝利に笑顔がはじける安城学園

 愛知県では、春と秋の県大会後に全三河大会と全尾張大会が開催される。これは、名古屋市内の強豪校に負けるなと、戦後すぐに三河地区の指導者たちが話し合い、中日新聞社にも話を持ち掛けて、優勝旗も出す大会を開催していこうというところから始まった。そして、尾張地区もそれに追随する形でやや遅れて開催されたのが始まりである。大会は春と秋を通算してカウントされており、原則的には秋は奇数大会となる。

 今秋の全三河大会はベスト8では東西三河が同数だったものの、東西対決となった準々決勝でことごとく西三河勢が勝ったことで、4強すべてが西三河勢ということになった。大会後半は豊橋市民球場で開催していながら、東三河勢なしという、いささか皮肉な形になってしまった。

 ところで、岡崎学園安城学園という両校、ともに似たような学校の成り立ちでもあるところが面白い。上に愛知学泉大がある安城学園は、当初は安城学園短大附として、女子バスケットボールの強豪校でもあった。その後、大学が4年制となり校名変更もあり今日に至っている。系列校には岡崎城西がある。現在は共に共学校となったが、元々は、岡崎城西が男子校で、安城学園が女子校という成り立ちでもあった。安城学園は、女子駅伝も強豪である。

 岡崎学園は岡崎女子という校名の時代から女子バレーボール部は名門で、全国選抜高校バレーボール大会(春の高校バレー)の第1回大会優勝校でもある。女子バレーボール部は今も強豪校として実績を残している。その後、母体の大学が人間環境大となった。さらに、4月からは校名が人間環境大岡崎となるようだ。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています