苦しみ抜いた中京大中京、劇的、延長11回サヨナラ本塁打

 強豪ひしめく愛知大会も準々決勝まできた。夏の愛知大会は、ベスト8の段階で再抽選となり組み合わせが決まる。そして、ここからの3試合が甲子園を目指しての本当の厳しい戦いとなっていくのである。ことに、今年の夏は、私学4強と言われている名古屋市内の昭和時代からの伝統の強豪校がすべて残った。それだけに、ここからの戦いはさらに熱いものとなっていくことは必至だ。

 その私学4強の中でも、甲子園勝利数と優勝回数は日本一の中京大中京。一昨年秋の明治神宮大会でも優勝し、今春のセンバツでもベスト4に進出している。今大会も優勝候補の一番手という声もあったが、苦しい試合もあった。それでも、ここまで勝ち上がってきたのはさすがと言っていいてあろう。

 対する愛知啓成は、3回戦では今春県大会ベスト4でシード校となっていた星城を下して勢いづいた。5回戦でも3年前の第100回大会東愛知代表校の愛知産大三河をねじ伏せてのベスト8である。三重を率いて甲子園準優勝を果たした実績もあるベテラン中村 好治監督が、中京大中京に対して、どんな戦いをしていくのか興味深いところでもあった。

 愛知啓成の先発本間は、中京大中京に真っ向から勝負。立ち上がりから、切れのいい投球で強打線を抑えていた。2回には二死から3連打を浴びたものの、左翼手島津の好返球もあって本塁で刺した。中京大中京も先発のスリークォーター大矢が、走者は出しつつも独特のフォームから、何とかかわしていた。

 そして迎えた5回、愛知啓成は内野安打の立岩をバントで進める。1番の弓口になったところで、中京大中京ベンチはスパッと畔柳を投入した。ところが、その代わり端、弓口の打球は詰まらされていたが左翼線にポトリと落ちて、これがタイムリーとなって愛知啓成が先制した。

 そして、この1点が徐々に中京大中京に重くのしかかっていく。本間は、回が進んでも歯切れのいい投球は変わらない。6、7回は三者凡退で切り抜けていく。8回も、中京大中京は一死後に、9番満田が中前打。細江は2度バントを失敗するがその間に、満田は二盗を決め、その後に細江は中前打で繋いで一、三塁。ここで器用な2番の杉浦が三塁線へセーフティースクイズを試み成功した。やっと中京大中京は追いついた。しかし、杉浦は間一髪一塁アウトで二死二塁。3番桑垣の当たりは大きな中飛となり、逆転までは持っていけなかった。