中京大中京、苦しみながらも力を示し中部大春日丘を突き放す

 昨夏の選手権大会の代替えとなった愛知県夏季大会でも優勝している中京大中京。昨秋の東海地区大会でも優勝を果たし、今春のセンバツ大会ではベスト4。今大会も優勝候補に挙げられているが、ここまではエース畔柳を使わなくても、安定した戦いぶりで勝ち上がってきた。

 挑む中部大春日丘は4回戦では、好投手を擁しており公立校では最強かと言われていた刈谷を下しての進出である。昨秋の県大会もベスト4に進出しており、チーム力としては非常に高い位置にあるという評価もされている。

 中京大中京は、この日も畔柳ではなく、先発は背番号11の左腕柴田だ。中部大春日丘の齊藤 真監督も、「畔柳君の先発はないと思っていました。ただ、どこかで出てくるだろうとは見ていましたが、その対策も練ってきたので早く引きずり出したいと思っていました」という思いもあって、積極的に打って行った。

 その姿勢もあって初回、中部大春日丘の3番吉村がライトへのソロアーチを放って先制。中部大春日丘が先制したことで、試合としては「どうなっていくのかな…?」という興味は深くなっていった。

 それでも、打撃力のある中京大中京は2回、一死二塁に安打で出た原を置いて、6番加藤が左翼線へ強烈な安打を放って原をかえして同点。しかし、追加点はならなかった。

 同点で迎えた3回、中京大中京の高橋 源一郎監督は、相手打線が一巡した3回から柴田に代って畔柳を投入した。畔柳は、今大会初の登板である。

 そんなこともあって少し硬かったのかもしれないが、対策十分の中部大春日丘はいきなり尾崎が左前打してスタンドを沸かす。バントで送るも後続は連続三振。しかし4回も、先頭の篠原が中前打。畔柳の145キロ前後のストレートに対して食らいついて行ってコンパクトに振り返していた。この回もしっかり送ったが、後続は抑えられる。

 そしてその裏、中京大中京は一死から赤山の左翼線二塁打と8番に入っていた畔柳自らの一、二塁間を破った安打で二走がかえってリードする。さらに5回にも一死二塁で3番桑垣の左中間二塁打で3対1としてリードを広げる。

 ところが、畔柳に食らいついていく中部大春日丘打線は諦めない。6回には一死から吉村が右前打すると、途中から4番に入っていた千々松も一、二塁間を破り四球もあって一死満塁。6番岩田の打球は二ゴロだったがこれが野選となって、1点が入りなおも一死満塁。続く宮下は初球スクイズで同点とする。

 しかし、さすがに中京大中京は同点とされても慌てない。その裏にすぐに反撃する。7番赤山が左前打で出るとバントは失敗するものの二死一塁から細江が中前打で繋ぐ。一、二塁となったところで、当たっている2番杉浦が右越え三塁打を放って2者がかえった。