享栄が初回から猛攻で半田を圧倒、5回コールド勝ち



満塁で走者一掃の三塁打を放った享栄・真鍋君

 投手陣で言えば、140キロを超える球速を誇る投手が3人いる享栄。今大会の下馬評としてはやはり非常に高い。そんな享栄に挑む形となった半田は、1回戦では同じ知多地区の知多翔洋を下しての進出となった。半田の岩山君、川尻君、平君らの中軸が享栄投手陣を打ち崩せるのかというところも見どころではあった。

 しかし、初回に半田の先発久綱君が、緊張もあってかストライクがなかなか入らず3連続四球。走者が溜まったところで4番真鍋君が一掃の三塁打。結局、久綱君は一死も取れずに降板。リリーフした大矢君も瀬尾君に中前打され4点目が入る。さらに四球とバントで一死二三塁。8番白井君も一塁線を破って、これも三塁打となってさらに2点。この回6点が入った。

 しかし、半田も怯んではいなかった。その裏、プロ注目の逸材竹山君に対して、いきなり長鎌君、岩山君が連続安打。二死となったところで、5番小野君も右前打したが、本塁を狙った二走の長鎌君は彦坂君の好送球に刺されてしまい3安打ながら無得点。

 享栄は2回にも、彦坂君のライトへのソロアーチと竹山君のタイムリー二塁打などで2点。そして、3回にも3人目の竹内啓泰君に対して、佐久間君の2ラン、瀬尾君の3ランで5点が入る。少しでも甘いとやはり、享栄の打線は容赦せず打ってくる。

 4回にも大石君、田村君、佐久間君の3連打で1点捕追加した享栄。力の差を示して5回コールドゲームとした。全国制覇も果たした中京大中京から異動してきて3年目の享栄・大藤敏行監督は、「ここへ来て、ようやくチームが締まってきたかなという感じになってきた。野球の技術だけではなく、元気良くプレーするとか、マナーとか、そういうところを含めて成長していくことでチームとして良くなっていきます。それが、無意識のうちに出来るようになってきてチーム力も上がってきた」と、心技体の成長を感じていた。

 また、竹山君に関しては、「立ち上がり、ちょっと大事に大事にと行き過ぎたかな。それに寒かったことも影響したかもしれないけれども、コントロールの良さは天性のものがあるので心配はしていない」と、4イニングを投げて無失点でまずは無難の投球だったようだ。そして、5回は左腕の沢田君が投げ、きっちり3人で抑えた。これも収穫と言っていいであろう。

 半田としては力の差は否めなかった。この春、後藤浩介前監督の異動に伴って、部長から監督となった石黒薫監督は、「玉砕でした。先発は、相手打線の振りが鋭いし強いので、むしろ緩い球で何とかかわして行けるかなと思って、久綱を先発にしたんですが、通用しませんでした。緊張もあって制球がまとまらなかったというところもありました。結局、投手起用が後手になってしまって…、これは監督の責任です。もう少し、食い下がりたかったですね」と反省していた。

 それでも、コースを突きすぎて四死球11ということ以外は、失策で崩れていくなどの自滅という形ではなかった。バントも先の塁で刺せていたし、強い打球に対しても、内野の動きも積極的で併殺もしっかり取れていた。惜しむらくは、投手がもう少し、逃げないで勝負していって欲しかったかなというところである。

(文=手束 仁

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。