9回二死走者なしから星城が、成章に逆転サヨナラ勝ち



好投した星城・藤澤君

 今春の東三河地区ブロック予選では、一次リーグを目標通り1位で抜けて、二次決勝トーナメントでも豊川豊橋中央といった私学勢を下して1位校として県大会出場を勝ち取った成章。昨秋の県大会でも、公立校で唯一ベスト8まで勝ち残っていた。

「今年のチームは、近年の中では一番まとまりもいいしチーム力も高い」
 河合邦宗監督もある程度の手ごたえを感じながらのこの春の県大会である。シード校として前日の1回戦を8対2で豊明に勝ってきた星城を待ち受ける形となった。

 星城は藤澤君、成章は仁枝君の両先発投手は立ち上がり、ともに3人ずつで抑える無難な試合の入りだった。藤澤君はストレートは終始130キロ台後半をマークするのだが、伸びがあるので、打者にはもっと速く感じられそうだ。仁枝君は、制球よくコーナーを突いてきて投球の組み立ても上手い。そんな両投手の投げ合いは、予想通りのロースコアの展開となっていった。

 最初に走者を出したのは星城で3回、先頭の7番森瀬君が左前へ両チーム通じて初安打を放つ。すかさず二塁へ送ると、二死後1番山下君が中前へ鋭い打球を放ち、これが先制タイムリーなって、まずは星城が主導権を握っていく形となった。

 追いかけたい成章は5回にチーム初安打が出て、三塁まで走者を進めたが攻めきれなかった。
 何とか追いつきたい成章は6回、先頭の巧者と言われている9番伊藤君が一二塁間を破るゴロの安打で出塁すると、すぐに送る。さらに内野ゴロの間に二死三塁とする。ここで3番原岡君は、大きなファウルを放った後、切り替えて力まず、コンパクトに振り切って中前へタイムリー打を放った。何とか同点に追いついた。

 振り出しに戻った試合は、1点を巡る攻防で終盤に入っていった。

 7回の成章は先頭の4番白井君が左越二塁打を放つ。この試合、両チーム通じて初の長打が飛び出した。すかさずバントで送って一死三塁とすると、仁枝君が中犠飛を放って、成章は白井君が帰って逆転となった。

 逆に追いかける立場になった星城。代打を送った関係もあって、8回からは藤澤君に代って、右サイドスローの川村君がマウンドに登った。川村君は、飄々とした感じで2イニングを抑えて味方の反撃を待った。