2020年09月21日 阿久比スポーツ村野球場

常滑vs知多翔洋

第130回全尾張高等学校野球選手権大会 知多地区予選 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

乱戦の末に常滑が9回に再逆転勝ち、知多翔洋は来季へ立て直しを誓う



常滑・片山愛和君

 序盤から取ったり取られたりという動きの激しい試合となった。

 初回、知多翔洋は4番二村君の二塁打で2点を先取する。しかし、常滑もすぐに1番柴田君のタイムリー打などで3点を返して逆転する。

 その後も、2回に常滑は片山君のタイムリーで追いついて、柴田君の右前打で逆転する。しかし、その裏に東浦もすぐに追いつく。こうして点を取りあっていく展開の試合は常滑が4回に柴田君の犠飛でリードし、5回には失策と暴投なども絡んで4点を奪って大きくリード。しかし、これで決着とはならず、6回に知多翔洋は倉留君以下竹内君、花澤君と3連打などでチャンスを作り、満塁で走者一掃となる送球ミスなどもあって5点。同点となった。

 こうした展開になると、どうなるのかわからないというのが正直なところだった。

 8回に知多翔洋は3番高橋優君の左翼線への二塁打でついに勝ち越す。刺してこの1点リードを守りきりたい9回だったが、先頭の笠原君が右前打。さらには、送りバントの送球が立て続けに悪送球になって、同点逆転となる。なおも飛球の捕球ミスや暴投などでこの回常滑が3点。結局これで試合を決する形となった。

 大乱戦という形だったが、それでも勝った常滑の中谷浩晃監督は、「ほとんど公式戦では勝ったことのない子たちなので、こういう形の大会で自分たちよりも力が上かなというところに勝てたことは大きな自信になる」と素直に勝利を喜んだ。そして、勝因としては点を取られながらも、片山君が粘り強く投げていったことを評価していた。そして、「(こうした大会を通じて)県大会に出られるようなところに勝って自信を高めさせたい」という思いも強く語っていた。

 中谷監督は、学校ではデザイン科の教員として新任で赴任している。デザイン科そのものが県内では非常に珍しいので、ほとんど異動はないくらいであろうか。従って、野球部のチーム作りということで言えば、公立校ながらもじっくりと腰を据えての指導も考えられそうだ。また、ユニフォームデザインなども含めて、部活動に関するグッズなども自らデザインを考えているという。こうしてチームを自分のイメージにデザインしていきながらのチーム作りである。

 乱戦を制しきれなかった知多翔洋の伊藤仁監督は、「結果的には悪いところがすべて出た。投手の柱が不在ということもありますが、一冬超えて、来春は見違えるようにして来春暴れまわれるようにしたい」と、再スタートのために気持ちを切り替えていた。

(取材=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
昨秋優勝の中京大中京など東海大会出場校一覧 【ニュース - 高校野球関連】
【愛知】中京大中京が2連覇!エース・畔柳亨丞が1失点完投!<3日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
至学館vs成章【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
半田vs東海南【愛知県 第130回全尾張高等学校野球選手権大会 知多地区予選】
日本福祉大付vs愛知黎明【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
愛知vs半田【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
享栄vs愛知【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
第7回 プロ注目左腕・上田洸太朗擁する享栄は3年生だけで代替大会に臨む!【愛知の高校野球】
第19回 岡崎学園(愛知県) チーム、個人ともにレベルアップで中京大中京にリベンジ!【冬が僕らを強くする2020】
第1121回 公式通算11本塁打の恐怖の核弾頭・西村友哉(中京大中京)の能力を引き出したロングティー 【2020年インタビュー】
第4回 「球国愛知」は今年もアツい!2020年の愛知県高校野球の注目校を一挙紹介!【愛知の高校野球】
第4回 ミスター完全試合・槙原寛己が振り返る金村義明との対決。報徳は怖そうな奴がいっぱいいた【中編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
第990回 【秋季愛知県大会】中京大中京が日本一へ輝くも、各地区の猛者が実力の片鱗を見せた球国愛知の秋【大会展望・総括コラム】
第64回 中日ドラゴンズ 浅尾拓也選手 【2011年インタビュー】
知多翔洋 【高校別データ】
常滑 【高校別データ】
第130回 全尾張高等学校野球選手権大会 知多地区予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る