6点差を追いついた東邦が、終盤を支配して逆転で決勝進出



東邦・知崎滉平君

 今大会では前評判としては一番高かったのが享栄だった。名古屋地区1位でもあり、今大会の優勝候補筆頭となっていたが、その享栄を前日の準々決勝で下して進出してきた東邦だ。平成最後となった昨春のセンバツ優勝校だが、その年の夏は早々に星城にコールド負け。さらに、今夏は学校にコロナ感染者が出たということで大会を途中辞退という悔しい思いをしてきた。山田祐輔新監督が就任して、最初の秋季県大会となる。

 中部大春日丘は、近年安定してベスト8あたりの実績を上げている。ここから、あと一つの壁をどう破っていくのかというのがチームとしても齊藤真監督とも目指すところであろう。

 中部大春日丘は、2回5番大澤君と7番林君の安打で一死一二塁の校旗を作ると、投手榊原君自らの中前打で先制。さらに二死後千々松君、尾崎君と続いて2点追加。3番篠原君が左越二塁打を放ちこの回5点とビッグイニングを作った。

 4回にも中部大春日丘は9番内藤君の左前打の後、ことごとくバントが内野安打になり満塁。篠原君の強烈な投手返し内野安打でさらに1点を追加。流れは完全に中部大春日丘に傾いているかと思われた。しかし、知崎君がその後を三振併殺で切り抜け流れを止める。

 その裏の東邦は、4番鈴木 唯斗君と柳瀬君の連打で先発の榊原君を降ろすと、代わった水野君から四球失策絡みと知崎君、岡田君の二塁打などで5点を取り返して1点差となり試合そのものの流れもわからなくなってきた。そして6回、東邦は二死二塁から1番三浦君のタイムリー打でついに同点に追いついた。

 6対6で終盤にもつれ込んでいった試合、どういう形で次の点が入るかと思った矢先の6回、東邦は二死から4番鈴木 唯斗君が一振りでバックスクリーン横に放り込んでついに逆転。そして8回にも中部大春日丘の3人目として一塁からマウンドに立った篠原君から金森君、鈴木 唯斗君の連続二塁打、さらには永田君に代ったところで柳瀬君の三塁打などで4点を追加した。

 こうした展開で、結果的には東邦が力を示す形となった。

 今春から前任の森田泰弘監督を引き継いだ東邦の山田祐輔監督は、「落ち着かない試合でしたけれども、早いタイミングで追いついていかれたことが大きかった。6点リードされても0対0のつもりでいようということも言っていたのですが、打力はあると思っていましたから、早く追いつけて良かった。低い打球を打っていこうということを言っていたのだけれども、それを実践してくれたことがこうした形で逆転出来たのではないかと思う」と、試合後の感想を語っていた。

 この日は、カラッと晴れ渡ってはいたが、グラウンド内はことのほか風が強かった。しかも、旗を見ても風が舞っているという状態で非常に守りにくいということもあったかもしれない。コロナ禍の新チームでもあり練習が例年よりはいきわたっていないというところもあろう。守りのミスがいくつかあったのは致し方のないところであろうか。そう言った部分をお互いに次の戦いへ向けて整備していって、さらなる好チームに仕上げていってほしいと思う。

(取材=手束 仁

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。