初回に5点を奪った至学館が4人の継投でリードを守り切って4強進出



至学館・清水健志君

 ベスト8対決となった秋季愛知県大会。唯一の公立校としてベスト8に残った成章。東三河地区大会では第5代表となり県大会は1回戦から戦っての進出である。「今の2年生が入ってきた時から、近年では、ある程度期待の出来るチームになるのではないかと思った」という河合邦宗監督。「何とか、私学の強豪を一つでも下したい」という思いで近年躍進著しい至学館に挑んだ。

 至学館は、一昨年秋に待望の専用グラウンドが完成した。かつての校内の空き地を探しながらの練習や、グラウンドを求めてのジプシー練習から環境が変わった。麻王義之監督も、徐々にチームカラーも変化させていき、打撃練習にも重きを置いて、仕掛けていくだけの“思考破壊”野球から、打撃力もつけながらの破壊力のある野球に変身させつつもあるようだ。とは言え、夏のチームに比べて、今季のチームはスモールベースボールで従来の至学館スタイルに近いのではないかということだ。

 至学館は、試合前のシートノックでは投手も入れて、外野からの送球バックアップなどの動きを確認している。そうした細かい動きを徹底していくところも、至学館の拘りと言えようか。

 初回の至学館は、1番の横道君が失策で出ると、盗塁とバントで三塁まで進めて3番・安並君がスクイズは決められなかったが、追い込まれてから中前へちょこんと返してこれが先制タイムリーとなった。さらに四球と失策で満塁とすると、二死後7番・矢澤君も中前打でさらに2点を追加。なおも死球後に9番・兜森君も左前へ2点タイムリーで、いきなり5点を奪う形となった。

 2回にも至学館は高柳君が二塁打するとバントで送り、一死三塁から4番・山岡慎弥君が三塁線へ巧みにスクイズを決めて6点目。すっかり至学館のペースでの試合となっていった。

 至学館の麻王監督は、細かく投手をつないでいき先発・石川君が2回途中で外野に下がり、左サイドの清水君をワンポイントで起用。さらに4回からは右下手投げの山本君に繋ぐ。

 何とか食い下がりたい成章は山本君から四球と鈴木颯海君の内野安打と深溝君のポテン安打で1点を返すものの、至学館の細かい継投の投手陣を攻略しきれないままだった。

 至学館は5回にも二塁打の安並君を2つのバントで帰し、7回にも二死一、二塁から5番・山岡 聖弥君の右前タイムリー打で8点目。7点差となってコールドゲームが成立した。

 至学館の麻王監督は、「ウチらしく、いろんなパターンの投手を起用しながら抑えて行けました。夏までのチームとは違って、打線も力はありませんし大きいのは打てないけど、機動力だけはありますから…。繋ぎながら、スモールベースボールですけれども、いろんなことを仕掛けながら得点できました」と、毎年チームカラーを変えていく至学館の今年のスタイルを表現してくれた。

 唯一の公立校として期待もあった成章だったが、河合監督が心配していた通りに仁枝君が試合の立ち上がりで失点してしまいそれが最後まで効いた形となった。「立ち上がりがすべてでした。しかも失策が2つですからね。1、2回を切り抜けられれば何とかと思っていたのですが…」と残念がった。「課題が明確になったことで、これからの練習にもしっかりと取り組んでいけるはず。まだ、全三河の大会があるので、まずはそこですね」と、もう一度整備し直してトライしていくという思いでチーム作りに挑んでいく。

(取材=手束 仁