前半苦しんだ中京大中京だったが、終盤に本領発揮でベスト8進出



よく腕も振れていたという中京大中京・松島君

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 名古屋地区のベスト8進出を競う争いとなった5回戦。

 今大会の優勝候補筆頭の中京大中京に挑む形となった春日丘。前日の4回戦では、名古屋市立工とは2度の雨天ノーゲームを経て接戦の末に下しての進出となった。
齊藤真監督は戦いながら、「チームの成長を感じていた」と言っていたが、まさにその真価を示したい相手としては申し分ないところである。

 受けて立つわけではないだろうが、昨秋の王者でもある中京大中京。この大会はもちろん、その先にあるセンバツの中止に伴う交流試合も制して「負けないで終わりたい」ところであろう。これは、主将の印出 太一君はじめ全員の思いでもある。

 春日丘は左サイドの変則タイプの中瀬君、中京大中京は小柄ながら馬力のある投球で高橋源一郎監督は「高橋宏斗と並ぶ2枚看板」として育ててきた松島君だ。タイプのとなる左腕同士の投げ合いはどんな試合になっていくのか、興味深いところでもあった。

 初回、中京大中京は二死走者なしから死球の中山君を置いて、印出君が右線へ三塁打して先制。印出君は前日の栄徳戦の最終打席に続いて2打席連続の三塁打ということになる。比較的あっさりという感じで先制点の入った中京大中京だったが、以降は中瀬君の術中にはまった形でなかなか快音が聞かれないで苦しんだ。

 得点機は春日丘が4回一死一塁で4番星野君が左翼線に二塁打。一塁走者は一気に本塁を狙ったが、中京大中京も好中継で本塁で刺した。

 次の1点がどちらにどういう形で入って試合が動いていくのかと思っていたが、整備明けの6回、中京大中京が2番中嶌君の右線二塁打と続く中山君の会心の中前打で入る。
こうして、中京大中京は、得点するときはいともあっさりと挙げていくのだが、強力打線が爆発していくというイメージではない。

 その裏、春日丘も1番からの好打順で乾君が左前打。バントは失敗するが、敢えて二井君も引き続き送り二死二塁。
ここで星野君が粘って三遊間に転がして、二走が帰ってすぐにまた1点差とする。追いすがっていこうという春日丘は、ベンチもよく声が出ていて元気がいい。

 ただ、試合もここから動き出し、7回の中京大中京は代打森下君が起用に応えて右前打。村上君の三塁線のバントは内野安打となり一三塁。
1番西村君は右犠飛を打ち上げて再び2点差とした。そして、中京大中京はその裏には高橋 宏斗君がマウンドに立った。

 8回にも中京大中京は一死から印出君の二塁打を切っ掛けに、吉田君のタイムリー打。さらに代わったワンポイントの伊藤君の時に送り、3人目となった二井君から8番に入っている高橋 宏斗君自らが2点二塁打を右中間に放った。これで6対1と中京大中京のリードは広がる。

 しかし、春日丘も高橋君の速球に振り負けない。8回に二井君の右中間三塁打と田口君の左前打で1点を返す。投直となったが4番の星野君も鋭く振り切っていた。春日丘の中軸は、高橋君クラスの投手にも十分対応出来るのだということは示したと言えよう。このあたりも、齊藤監督の言う「大きく成長した」ということの証明となった。

 中京大中京は、終わってみれば力を示したということにはなったが、高橋監督は、「打線は、今年は一番大事な時期に(コロナの影響で)打ち込みが出来ていないんで、なかなか上がっていきませんけれども、これからまた1週間あるので、そこで何とか作っていきます」と、大事な6月の強化合宿などが出来なかった今年のチーム作りの難しさもあったという。それに、梅雨明けから急に暑くなったこともまた、今後のコンディション作りに影響を及ぼしていきそうだと感じている。

 それでも、全国からも注目されているチームとしては、「疲労を回復させて整えていきながら、選抜の交流試合を含めて納得のいく戦いをしていきたい」という全国一の名門校としての責任と使命も感じていた。

(取材=手束 仁