愛工大名電が、序盤の攻撃で得点を重ねて試合を決める



愛工大名電・大石歩夢君

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

  やっと梅雨明けをした愛知県。ベスト16を目指す戦いである。

 愛工大名電が序盤から勝負強い攻撃というか、短打と四球を重ねて巧みに得点を重ねて大きくリードした。そのリードを4人の継投で何とか守り切って、追加点もありコールドゲームとした。

 初回の愛工大名電は一死後、大石歩君が右前打で出ると、失策と内野ゴロで二死二三塁とする。ここで5番勝野君が右前打して二人が帰って先制。
さらに2回にも先頭の7番藤本君の安打から始まって、四球とバントで進め、1番の青山君が左前打して帰す。

 「何とか相手の攻撃の勢いを止めたい」という千種の高山健七監督は、ここで早くも先発の柴田君を諦め、2人目として中堅手の村瀬君をマウンドに送る。
しかし、ストライクが入らず、打者二人に四球を与えたところで押し出しもあって3人目の背番号1番をつけた豊嶋君に繋いだ。それでも、名電打線は豊嶋君からも小島君か内野安打し、青山君を帰す。
なおも四球押し出しもあってこの回4点。名電は、じっくりと選球しながらも半ば貰ったような形の得点で大きくリードをした。

 ただ、千種もこのままずるずるとはいかないぞとばかりに意地を示す。

 先発した小野君には無安打に抑えられていたが、3人目の有馬君に対して4回、四球と9番狩野君と1番村瀬君の連打で2点を返す。名電の倉野光生監督としては、「もうこれ以上の失点はしたくない」とばかりに4人目となる寺嶋君を送り出した。寺嶋君はその後を抑えていく。

 そして、千種の3番手の豊嶋君を、4回以降いくらか打ちあぐねていた名電も6回に、3連続四球で満塁となったところで、二死から6番二村君が左翼フェンス直撃となる二塁打を放って走者一掃。
結局、このリードが効いて愛工大名電が結果としては7回コールドゲームで快勝ということになった。

 名電としては4人の投手を使ったが、倉野監督も早め早めの交代で、序盤の大きなリードを何とか凌いでったというところだった。

(取材=手束 仁