急成長遂げたエース・片上聖と注目左腕・柵木和陽の2人で曲者安城を完封



代打で出て、バント安打を決めた岡崎工・加藤優騎君

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 今大会、愛知県ははちまでベスト8までの戦いは5地区のブロックに分かれている。西三河ブロックにはベスト8決定までに二つの山が出来ているが、最激戦となっているのがGブロック上(左)側となるこのゾーンだ。岡崎工科岡崎学園西尾東西尾がそれぞれ初戦で当たり、さらに曲者と言われている安城が待ち受けるという形になっていた。

 結果としては、3回戦では好投手陣を擁する岡崎工科と巧者安城の対戦となった。この勝者が、一昨年の東愛知代表で西三河の雄とも言える愛知産大三河に挑むという形になる。

 そんな注目の一戦だ。
 岡崎工科の先発投手は、注目の左腕柵木 和陽君ではなく、この日は秋から成長著しい右オーバーハンドでタテの球筋がいい片上聖君が1番をつけてマウンドに立った。安城は、昨秋も全三河大会などでも実績のある双子のバッテリーで市川剣君だ。この両投手が無難な立ち上がりで、好試合になるなという予感を漂わせてくれた。

 試合が動いたのは3回。岡崎工科はこの回先頭の9番服部君が四球で出ると、しっかりバントで送り一死二塁として、2番近藤君が右中間へ巧みに運んで二塁打となり、服部君を迎え入れて先制。さらに二死三塁となってから、4番溝内君も一二塁間を破る好打で帰してこの回2点が入った。

 その裏、安城も先頭の8番石山君が安打で出塁するなど反撃しかかったが、片上君が後続を締めた。また、市川剣君も4回は二死一三塁で上位打線というところをこらえて、両投手の踏ん張り合いも光った。

 投手戦の展開で試合は後半戦に入っていく。

 片上君も市川剣君も、立ち上がりからのリズムを崩さず4回以降を0に抑えていく投手戦。
 安城は8回、一死から7番杉山君が左越三塁打して好機を迎えたが、続く石山君の一打は快音を残したものの投直となり、思わず飛び出した杉山君も刺されて併殺。好機を潰した。

 こうして2対0のまま投手戦は最終回を迎えた。9回、岡崎工科は代打加藤優騎君が俊足を生かしてバント安打で出るも市川剣君は落ち着いて後続を切った。そして、その裏の味方の攻撃を待つこととなった。

 岡崎工科はこの回、満を持してという感じで柵木君が登板。1四球を与えはしたものの、無難に0に抑えて岡崎工科は継投での完封となった。

 岡崎工科の平松忠親監督は、「片上には今日は6回から7回まで行くよということは言ってありました。それで8回どうするかと聞いたんですよ。そうしたら、本人が次も行かせてくださいということだったので、8回も任せました。一冬超えて、意識も変わったというところも見せてくれた」と成長を喜んだ。

 また、柵木君に関しては、「今日は、大丈夫だと思って送り出した。かわそうというのではなく、しっかりと投げて行ってくれた」と安定した投球に安心していた。

 これで、岡崎工科は、安城に対しては昨秋の西三河ブロックトーナメント決勝の返り討ちとなった。「安城の仕掛けを意識しすぎないことです」と、その勝因を明かした。

 惜敗となった安城の加藤友嗣監督は、「う~~ん、早い段階で1点でも取っていればなぁ」と悔やんだ。それでも、「いい戦いでした。選手たちは一生懸命やっていました。打てませんでしたけど、持てる力は出せたと思います。ただ、前の試合で西尾東を倒して、そこが一つのヤマということではないのですけれども、そこから気持ちをもう一度作り切ってあげさせられなかったことは、悔いが残ります。これはボクの責任でもあります」と、監督として反省していた。

 コロナ禍で、どちらも十分な練習は積んでこられなかったという中で、ミスはあっても、お互いにきびきびとした動きは清々しかった。いい内容の試合だったと言っていいであろう。

(取材=手束 仁