豊橋中央、享栄に競り勝ち秋季大会は初めてのベスト4進出を決める



四回に本塁打を放って本塁へ向かう豊橋中央・近藤君

 台風も接近してきつつあるという中で、どんよりとした曇り空、今にも振り出しそうな天気だった。隣県の岐阜県大会準決勝は早々と中止が決まっていたが、秋季愛知県大会準々決勝は予定通りに始まった。

 昨秋の10月に就任した豊橋中央の萩本将光監督は、ほぼ同時期に就任した享栄の大藤敏行監督の中京大中京時代の教え子でもあり、この試合は師弟対決となった。

 享栄は上田君、豊橋中央は大羽君と、ともに背番号1を付けた左腕が先発。初回は、お互いに安打を許すものの、序盤はまずは無難に抑えて投手戦という展開で進んでいった。

 先制したのは豊橋中央で、4回に4番中川君と6番近藤君が相次いで、ほとんど同じような左翼越えのソロ本塁打を放って2点リードする。しかし、享栄もその裏すぐに、二死二塁から1番小野寺君が左中間に二塁打を放って1点を返した。

 そして6回、享栄は安打とバント送球ミスで与えてしまった無死二三塁というピンチを上田君か何とか切り抜けると、その裏先頭の7番真鍋君が右翼芝生席へ叩きこむソロ本塁打を放って同点とする。結果論としては、享栄としてはその後に続いた好機で、一気に逆転しておきたいところだった。

 振り出しに戻って終盤に入っていった試合。享栄は7回の無死二塁を逃す。一発こそ出ているものの、どちらも、もう一つ打ちあぐんでいるという印象のまま進んでいく。もちろん、それは両投手が、それぞれ持ち味を出しているとも言える。上田君は苦しいところで三振が取れるのが大きい。大羽君は、いくらか荒れ気味で四球も多いが、それだけ的が絞りにくいとも言える。

 こうして迎えた9回、豊橋中央は7番粕谷君が中前打で出ると、大羽君はしっかりバントで送って二塁へ進める手堅さ。9番池田君の打球は、いくらか強いゴロになったが、これが失策を誘って、二塁から一気にホームイン。萩本監督としては、送りバントが功を奏したとも言える。「(池田君は)気持ちの強い子なので、とにかく負いきっていけばいいと言った」と言っていたが、その気持ちの強さが導き出して失策とも言えようか。

 これで学校としても秋季県大会では初のベスト4進出となった豊橋中央
 「また一つステップアップできたことはまずよかった。今日は、恩師相手だし、楽しい野球をやらせてもらえた。勝てたのはたまたまだけれども、本当に楽しくやらせていただきました」
 萩本監督は、素直に喜びを表していた。

 享栄・大藤監督は「6回、本塁打で同点にしたところで、ひっくり返さないといかんかった。その次の回も一死三塁が作れとるのに、そこから点が取れんというところに、まだそこまでの力しかないということですよ。下級生の多いチームの勝負弱さも出たかもしれない」と振り返っていた。

 先発メンバーのうち、6人が1年生の享栄。この負けをステップ材料として、まだまだ伸びしろはあるであろう。

(文=手束 仁